LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2017-08-18 14.37.20-min

ShapeShiftが、ハードウェアウォレットKeepKeyの製造販売を行うKeepKey, LLC,を買収し、ハードウェアウォレットから直接仮想通貨を交換できるプラットフォームを開発した。KeepKeyとAPIを統合することで、ユーザーに対してより強固なセキュリティーの提供を目指す。

これにより、ユーザーはKeepkeyに自身の仮想通貨を保持したまま、仮想通貨の交換が可能になった。KeepKeyはビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュなどのメジャーな仮想通貨に対応しており、ShapeShiftのプラットフォームを使えば、取引所に自身の仮想通貨を預けることなく交換が可能なため、ハッキングなどのリスクが軽減される。

ShapeShiftは通常の取引所や販売所と異なり、取引所に仮想通貨を預けて売買するのではなく、ユーザー自身のウォレットから直接Shapeshiftに送信することで、同社が提示するレートで仮想通貨の交換が行われる。ユーザーのメリットととしては、アカウント開設が不要なため、本人確認などの登録手順が求められず、プライバシー情報をオンラインに晒す必要がないことが挙げられる。その一方で、交換時に実際に仮想通貨を送信する必要があるため、取引が完了するまで多少時間がかかることや、交換レートが他の取引所と比べると若干割高に設定されているなどの難点もある。

ShapeShiftは次のようにコメントしている。

「セキュリティーは仮想通貨を扱う上で最も重要な部分だ。我々は常に取引所を安全かつ簡素なユーザーエクスペリアンスを求めてきた。今回のKeepkeyとのAPI統合で我々の求めるサービスをユーザーに提供できる。」

取引所にとってユーザーの仮想通貨を守るセキュリティシステムは常に重要視されている。ビットコイン価格の高騰とともに、取引所がユーザーから預かるビットコインの総資産評価額も急激に上昇しており、大手取引所はハッキングに対してより一層の安全性が求められる。

ビットコインを安全に保管する方法はいくつかあるが、オンラインに繋がないオフラインで管理するTrezorやLedger wallet、KeepKeyなどのハードウェアウォレットに保管する方法が最も安全だと考えられている。仮想通貨を頻繁にトレードするユーザーには使い勝手が悪いが、安全性とユーザビリティのバランスは今後のユーザーが取引所を選ぶ上で重要な要素になるだろう。これまでのハッキング手法は既に多くの取引所で対策されているため、技術に裏付けられたセキュリティ対策を施している取引所を見極め、自身の資産を守れる目利きがユーザーにも必要だ。

ShapeSift

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

    BTCNの最新ニュースを毎日お昼ごろお届けします!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

真田雅幸
真田雅幸
decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。