LINEで送る
Pocket

★様子見

3連休の週末は乱高下。現在、金曜日の急落から反発し、現在約3905$。

スクリーンショット 2017-09-19 13.42.00

足元であるが、以前から指摘していた、週足一目均衡表基準線約3000$に到達し、そこから急速に反発している状況。

これにより、一旦の下値に達したと思われるが、そのまますぐに上昇モードに転じるかというと少々怪しいと思われ、筆者はこの間、逆張りロングで臨み、すでに建玉は決済済み。

スクリーンショット 2017-09-19 13.45.08

日足で見ると、一目均衡表基準線に到達していること、遅行線は陰転中であるので、一旦、戻りの上限にと到達していると考えられ、少なくともあt数日間は持ち合いになってくるのではなかろうか。

もみ合いのレンジは3600~4000$レンジであり、現在はどちらかといえばショート有利か。

現在の関心ごとは、中国の取引所閉鎖の話であるが、先日のBTCCに続き、huobi、OKcoinも取引停止を行う見通し。

これにより、ここ数年牽引してきた中国のエコシステムはパワーを失うと考えられ、新たなエコシステム形成に向かうとみられるが、現在、日本や韓国は勢いがあり、中国に続く覇権エリアとして注目を受ける可能性がある。

 


独眼流の手口はこちら → ビットバンクトレード

★twitterはこちら

この記事を書いた人

独眼流
独眼流
さすらいの仮想通貨トレーダー。株式、FX、ヤフオクまで、トレードできるものならなんでも好物。安く買って、高く売るのが好き。