LINEで送る
Pocket

aantonop_merkle_2016

『Mastering Bitcoin』の著者で知られるアンドレアス・M・アントノポラス氏は最近、フランスで開催されたイベント「Merkle Conference 2016」において基調講演を行ない、数千年に渡って経済活動の要となってきた現金が絶滅の危機に瀕していると語った。

現金は、世界で最も長く支持された交換の媒体だ。人と人がP2Pで繋がり、直接現金とモノを交換する。これは、現代において一般的になっている広義の信用貨幣(電子マネーを含む、企業を通さなければ支払い不可能な決済システム)とは大きく異なる概念だ。

中国のUnionPay(銀聯カード)、米国のデビットカードの急激な普及に伴い、殆どの店舗がキャッシュレス決済を採用し始めている。一般利用者から見れば、現金を持ち歩く必要がなく、カードのセキュリティ向上に合わせて不正利用にも遭いにくい利点がある。そして、スマートフォンアプリにカードを統合し、自由に切り替えて利用できるのも大きな強みだ。しかし、アントノポラス氏によれば、これは中小企業などにとっては悪夢だという。

一つ目の理由は、カード決済によるキャッシュの受け取りが最短でも1日後、最長で1ヶ月以上待つ必要があることだ。二つ目に、企業がカードの不正利用を防げないこと。「チャージバック保険」のような有料のサービスに入っていない限り、これらの企業は泣く泣く返金に応じるしかない。そして、デビットカードであろうとクレジットカードであろうと、支払いを仲介する企業は決済代金の数%の手数料を徴収する。つまり、こうした仕組みは、巨大な企業にとってメリットがあろうとも、小さな企業にはデメリットが無視できないわけだ。

「決済会社や銀行の思惑どおりに、人々は現金の利用を減少させていきました」と、アントノポラス氏は語る。「お金は今、ライセンスという形で政府や企業からの強い干渉を受けています。そうしたごく限られた人々が、多数の小さなコミュニティを”破壊”しているのです」

アントノポラス氏はさらに、現金とビットコインがプッシュ型(自発的に支払いが行える)という同一の特徴を有していることを強調し、「現金で出来ることは、ビットコインでも可能だ」と語尾を強めた。カードや銀行口座は、自分の意思で支払うことができないプル型であり、企業から信用を与えられている支払手段だといえるだろう。

現代のお金の多くは、「人」対「人」ではなく、「人」対「企業」でトランザクションが起こる。アントノポラス氏は、サトシ・ナカモトのホワイトペーパーを引用し、「電子的な現金」であるビットコインによって、人々の手に再び「自由・平等・博愛」(フランスのモットー)なお金を取り戻すべきだと述べた。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36