LINEで送る
Pocket

amex-ceo-bitcoin

世界におけるビットコインへの関心は日を追う毎に高まり続けている。ウエスタンユニオンマスターカードの言及に引き続き、アメリカンエクスプレス(American Express Company)もビットコインについて強く関心を抱いているようだ。

アメリカンエクスプレスのCEOであるケネス・シェノルトは、ビットコインが決済として置換されるには機能が足りないと述べた。

“現実には、我々は決済方式として完全にビットコインと競合している。そして誰もがクレジットカード産業がビットコインに置換されることを意識している。しかしながら、クレジットカードが発明されたのには理由がある。それは、人々は支払いを遅らせる機能を必要としているということだ。”

ビットコイン・コミュニティは比較的コストの高いクレジットカードブランドを例に挙げ、その利便性と、送金コストの安さをアピール対象として選んできた。コスト面でビットコインに圧倒的な優位があるのは間違いないが、確かに、クレジットカードは国際的な決済としての利便性というよりも、後払いを必要とする消費者へその機能を提供したという意味で、革新的であった。ビットコインとクレジットカードは決済としての性質に、本質的な違いがあることはまさにその通りである。

しかしながら、ビットコインは単なる決済システムではなく、もっと汎用的で、様々な金融インフラへと応用することが出来る可能性がある。ブロックチェインとオーバーレイ・ネットワークを組み合わせることで、分散的な融資、保険、あるいは銀行ネットワークすらも構築することが出来る。

「ビットコインの決済としての機能とは別に、従来の銀行業界が仮想通貨によるデジタル化を必要としているのは間違いない。」と、シェノルト氏は語る。加えて、彼はビットコインとビットコインの基盤技術であるブロックチェインの可能性が金融産業における「欠けた機能」を補うかもしれないと語った。

“私はブロックチェインに新たな「契約」の形を見つけた。ビットコインのプロトコルは重要なパラダイムをもたらす可能性がある。ビットコインなどの仮想通貨は、法定通貨の代替通貨として、業界の革新を推進し、それは音楽サービスのNapsterやiTunesのようなものだろう。”

「私はこれがどう進化していくのがわからない。」と、同氏は語る。

“ビットコインには恐らく、考えられないほどに無限の可能性が備わっているだろう。”

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36