LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-02-18 18.21.21

ブロックチェーン技術を基盤とする分散型の政治を実現するため、オーストラリアで新党「フラックス」が設立された。彼らの使命は「時代遅れの代表民主制を、革新的なシステムで置き換えること」だ。

フラックスは既に1000人を超える支持者を擁し、当初目標として6名の上院議員を選出させることを掲げている。奇妙に思えるだろうが、フラックスは自主的な活動も、具体的な政策立案も行わない。彼らは党として振る舞う一方で、その仕組みはどちらかと言えば、代表民主制を再び直接民主制に置き換え、民意を反映させるためのゲートウェイと見なすことができる。

フラックスの設立メンバーのひとりであるマックス・ケイン氏は次のように述べた。

「代議士の役割とは、人々が求めることを代わりに実行することです。それは単にソフトウェアやロボットであってもよく、立候補する必要すらありません。」

フラックスにおいては、支持者らが自らオンライン上で請願し、投票し、上院議員となる人々は、そうした「オンラインのコミュニティ」を取りまとめる役割を担うことになる。また、こうした投票や請願といった仕組みにブロックチェーンを用いたトークンを取り入れている9月頃に控える総選挙においては、フラックスの支持者に対して専用のトークンが配布され、それを支持者同士で交換したり、信頼の置ける人物に対して投票することができる。

「古代のシステムである代表民主制は、我々を君主制から開放したという点で素晴らしいものでした。しかし今、このシステムは再び我々にとっての怪物となりつつあります。」と、ネイサン・スパタロ氏は話した。「仮想通貨は単なる代替通貨ではありません。代表民主制と民主主義2.0をつなぐミッシングリンクです。」


Flux Website
Reuter

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36