Author Archives: 平山 翔

ニュース

Parity TechnologiesがEthereumアドレスと法的IDの紐付けによる本人確認サービスPICOPSを発表

今月3日、Ethereumクライアントを開発するParity TechnologiesはKYC(Know Your Customer)が要求されるICOの参加者に対して、特定のEthereumアドレスとパスポート等の政府 ...
続きを読む »
ニュース

暗号通貨経済圏のキーとなる分散型取引所についての考察 ーAirSwap, KyberNetwork, 0Xー

DEX(分散型取引所)が注目を集めている。DEXのアイディアやプロジェクトは以前から存在していたが、Ethereumネットワークの改善やオフチェーン技術の追い風を受けて、再び盛り上がってきている。取引所は開発者、マイナー ...
続きを読む »

ニュース

「μRaiden」イーサリアムの一方向ペイメントチャネルが登場

以前Raiden Networkの概要を紹介したが、μRaiden(μはマイクロと発音)というRaiden Networkの簡易版とも呼べる仕組みが登場した。μRaidenはRaiden Network同様にペイメントチ ...
続きを読む »
ニュース

Bitcoin Core v0.15でビットコインの手数料計算はどう変わるか?

ビットコインを送金する際には手数料が掛かる。ビットコインネットワークでは約10分毎にブロックが生成され、全てのトランザクションがブロックに書き込まれる。ビットコインの送金手数料は、生成されるブロックが持つスペース(理論上 ...
続きを読む »

ニュース

ハードフォークの社会的コストとは? Breaking Bitcoinで開発者が語ったこと

今月9日10日の二日間、パリで「Breaking Bitcoin」が開かれた。Breaking Bitcoinはビットコインのセキュリティに焦点を当てたカンファレンスで、スピーカーにはPeter ToddやAdam Ba ...
続きを読む »
ニュース

Ethereum版ライトニングネットワーク「Raiden」がテストネットでデプロイ

Raiden NetworkがEthereumのテストネットでデプロイされた。Raiden Networkはその名が示すように、ビットコインのライトニングネットワークに発想を得ている。オフチェーンでEthereumのトラ ...
続きを読む »
ニュース

SegWitアクティベーションまでの長い道のり(後編)

前編ではビットコインが抱える二つの脆弱性とSegWitの概要、ソフトフォークによる実装の試みなど説明した。後編となる本記事ではビットコインコミュニティならびにビットコインネットワークの分裂の危機を乗り越えて、SegWit ...
続きを読む »
ニュース

SegWitアクティベーションまでの長い道のり(前編)

2017年8月24日、Segregated Witness(以下SegWit)がビットコインネットワークにおいてアクティベートされた。SegWitのアクティベーションまでの道程は実に長かった。しかしSegWitが切り開い ...
続きを読む »
ニュース

SatoshiLabsがTrezorの物理アクセスに対する脆弱性の修正を発表

先週16日水曜日、ビットコインのハードウェアウォレットの開発と販売を行うSatoshiLabsはTrezorのセキュリティアップデートを発表した。声明によれば、Trezorデバイスの物理メモリ(RAM)に直接アクセスする ...
続きを読む »
12