LINEで送る
Pocket

boe-challenge

英中央銀行は、ブロックチェーン技術を用いた応用例のアイデアを公募するため、学生チャレンジを開催することを明らかにした。

エントリー期限は12月7日、1名から6名のチームを公募し、日常におけるイノベーションを主題にハッカソン形式で最優秀賞を選出する。受賞者には、6週間の有償インターンと英中銀内でのポジションを得るチャンスが与えられるとのこと。

英中銀の問いかけは「ブロックチェーンをどう使うか」の一点だ。ブロックチェーンにおける取引の検証や追跡、価値の移転といった特性は、金融サービスだけでなく、社会基盤にまで影響を与えうる概念的な可能性を生み出した。金融サービスのインフラシステムとしての応用では、証券分野でのNASDAQ LinqやTØなど既にいくつかの実例が出始めているが、その他分野に関してまだまだ実証実験の域を超えていない。

公募ページではブロックチェーンの可能性として、土地の登記や個人情報の記録、保険業務における不正監視、クラウドファンディング、また最近VISAが公表したカーリースでの応用などが挙げられている。英中銀はそうした「可能性」を、どのように社会に適用するかに強い関心があるようだ。

「ブロックチェーンは技術リスクの潜在が懸念されながらも、日常生活やビジネスに劇的なゲームチェンジをもたらす可能性があります。この技術をどう使うか、あなたの意見を聞かせてください。」

英中銀の取組みとしては、今年3月には「政府によるデジタル通貨の発行」を検討するレポートを公開。また9月には、チーフエコノミストを務めるアンドリュー・G・ホールデン氏は、政府がブロックチェーン技術を用いたデジタル通貨を発行することで、「減価通貨」を実現できると述べている。ホールデン氏によれば、通貨そのものに減価するプロトコルを組み入れることで、マイナス金利政策よりも効果的な結果が得られると考えているようだ。


Bank of England – blockchain challenge

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36