LINEで送る
Pocket

barclays-cc

英バークレイズはニューヨークのアクセラレータ、TechStarsとの共同によるインキュベーション・プログラムに参加したスタートアップ2社と、新たにパートナーシップを締結したことを明らかにした。

パートナーとなったのは、ブロックチェーンの解析をメインに金融機関や規制当局に対しコンプライアンスを提供するChainalysis、ブロックチェーンのための会計・監査システムを開発するWaveだ。両社ともに、ブロックチェーン上のトランザクションを追跡する目的で立ち上がったスタートアップであり、これからブロックチェーン技術をインフラとして利用しようと考えるバークレイズが興味を示したのは自明だ。

Chainalysisのチームは過去Payward(Kraken)のCOOを務めた経歴を持つマイク・グロネカ氏、およびMyceliumの元リード・デベロッパーであるジャン・モラー氏を中心に構成され、今年の3月には「ビットコインのほぼすべてのトランザクションの経路を解析できた」と話し、規制当局や金融機関に対し解析データの提供を行ってきた。Waveは表立った活動をしていないが、ブロックチェーンに付加情報を記録し、集約する技術に特化しているという。

バークレイズのデザイン・イノベーション最高責任者であるデレク・ホワイト氏はChainalysis、Waveについて「ブロックチェーン技術において卓越した成長曲線を見せた」と賞賛し、また提携について「我々にとってのゲームチェンジャーとなる」と述べた。

「我々はこれまでの二年間、ブロックチェーンに多額の投資を行ってきました。これまではロンドンでそれを行ってきましたが、ニューヨークのエコシステムでも同じことをしたいと考えています。」

バークレイズがブロックチェーン企業とパートナーシップを結んだことは、何も新しいことではない。今年の6月には同社が主催したインキュベート・プログラムで受賞したスウェーデン・ストックホルムのビットコイン取引所Saffeloと契約。7月には、他に6社のブロックチェーン・スタートアップと共同研究を行っていることを発表している。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36