LINEで送る
Pocket

bar

イギリス・ロンドンに本拠を置く国際金融グループ・バークレイズは、ビットコインやブロックチェーンを用いた資金転送技術の実証実験を開始した。

パートナーに選ばれたのは、スウェーデン・ストックホルムに本拠を置くビットコイン交換所「Safello」だ。同社は、バークレイズのインキュベート部門が主催した90日間のアクセラレータプログラムに参加し、バークレイズのシステムを利用したプロダクトの製作を行っていた。

また、10社のフィンテックスタートアップが選ばれるこのプログラムには、ビットコインをデポジットして利用可能なデビットカードプロバイダー「Atlas Card」、ブロックチェーンを携えて保険業界に切り込む「Blocktrace」のようなビットコインスタートアップが参加した。

6月22日のデモデイの後、Safelloはバークレイズとのパートナーシップ締結に伴い、バークレイズの金融システムにアクセスし、ブロックチェーン技術による業務効率化の道筋を模索していく。デモデイで披露されたテクノロジーについての詳細は明らかにされていないが、伝えられるところによると、ビットコインというよりもリップルの分散元帳のような使われ方をしているとのこと。

バークレイズとSafelloのパートナーシップでは、バークレイズからのメンターでなく、相互学習による研究開発になると言われている。バークレイズのチーフアーキテクトであるデレク・ホワイト氏は、フィンテックスタートアップのような若い企業のテクノロジーが今後金融機関にとって重要なものになるとし、同行の内部イノベーションの推進に不可欠なものだと語った。

Safelloのフランク・スクイルCEOはまた、声明の中で「ビットコイン技術を用いた為替プラットフォームは金融機関にとって重要なレイヤーになる可能性が高い」と述べた。金融機関によるビットコインの実証実験では、NASDAQやBNYメロン、UBS、USAAなどがあり、最近ではオーストラリアの大手銀Westpack(WBC)、Australia and New Zealand Banking Group(ANZ)がリップルプロトコルによる資金転送システムの実験を行っている。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36