LINEで送る
Pocket

bitcoin-as-privatemoney

ケビン・ダウド氏はダラム大学の金融・経済学教授であり、政府が発行管理する不換紙幣制度に異議を唱え、政府の規制を受けないプライベートマネーを推進するリバタリアンだ。ダウド氏はリバティ・ドル、デジタル・ゴールド、ビットコインなどのプライベートマネーについての論文を発表し、またビットコインを取り巻く様々な問題点について考察している。

プライベートマネーとは、中央銀行が発行する銀行券ではなく、非公式に民間組織あるいは個人により発行されるお金のことだ。ダウド氏によれば、これらのプライベートマネーは銀行券よりも柔軟な通貨供給を行うことが出来るため、資本競争、及び資金の乱用を防ぐことが可能であるという。そして、プライベートマネーを流通させることで国や組織、個人の関係性が改善され、金融危機などの深刻な影響を大幅に減少させることが出来る。

 

プライベートマネーとしてのビットコイン

ビットコインコミュニティの多くの人がビットコインをプライベートマネーであると考えているが、ダウド氏は、ビットコインにはお金としての機能を満たしていないと考えている。お金の機能とは「価値の交換」「価値の尺度」「価値の貯蓄」であり、ビットコインは価値の交換を行うことが出来るとされているが、価値が不安定であり、固定の尺度を持てず、貯蔵にも適していない。しかしながら、ダウド氏はビットコインのお金としての進化しようとしていることへの可能性を認め、ビットコインがプライベートマネーであるかどうかについて明言を避けている。

そして、プライベートマネー、ビットコインは規制を受けないことが重要であるとダウド氏は主張した。ダウド氏は、ビットコインが分散的かつ匿名性を維持し、規制から自由であることを賞賛したが、しかしながら、ビットコインは重要な目的を見失っているという。下記の動画でも語られているが、つまり、ビットコインの価値は何が担保しているのか、そして、保有することで損をする可能性があるのではないかということだ。

“例を挙げましょう。私は掃除機を宣伝し、あなたはそれを購入しました。しかし、その掃除機はうんともすんとも言わず、動きません。もはやその掃除機は、掃除機としての機能を果たさないただのガラクタです。それに再販する価値はあるのでしょうか?あなたはそれを、売ろうと思いますか?”

 

ビットコインにとっては些細なこと

確かに、ビットコインの現状は残念ながら、「皆が価値があると信じている」だけに過ぎないが、それは、ビットコインの表面的な状況に過ぎず、本質的な価値は決して数字上のデータだけで図れるものではない。ビットコインを技術抜きに相場だけを見て語るのはあまりにも軽薄だ。

そもそも不換紙幣すらも国家の支配力への信用に基づいた信用通貨であり、国家への信用が無くなれば価値を失う不安定なものだ。ビットコインへの投資は2014年で最悪な投資だ、という題目で様々なメディアが囃し立てているが、ならばビットコイン関連事業への投資熱は何故加速しているのだろうか。それはビットコイン自身の数字上の価値ではなく、ビットコインの基幹技術が優れており、投資価値があると信じる人々がいるからだ。

ビットコインのブロックチェインは分散的かつ改ざん不可能で完全に透明な取引元帳であり、信用のいらない意思疎通システムだ。ブロックチェインに記録されたありとあらゆる情報は、その時点でその取引が真にあったことを証明し、その時点でその情報が存在したことを真に証明する事のできる明確な証拠を残すことを可能とする。

これはこれまでのサーバー・クライアント方式のインターネットアプリケーションでは不可能だったことであり、紙の書類で残していたとしても、それが真実であるかどうかを調べるのは容易なことではなかった。

ブロックチェインを使えば、これらはすべて容易に解決出来る。

ダウド氏はビットコインのマイニングには「自然独占の産業構造」を有すると述べ、51%攻撃 -単独のマイナーが過半数を超えるマイニングハッシュレートを独占するとブロックチェインのデータを書き換えることが可能- への脅威は依然として存在すると主張する。しかしながら、ビットコインは参加者のインセンティブに基づいており、わざわざビットコインの価値を貶めるために数百万人以上の意思を超えるハッシュレートを出すために資金を投じる可能性は極めて低い。

ビットコインの価値は、参加者がそれを信じ、活用されている限り絶対に失われない。国家と同じように、新興国通貨と同じように、ビットコインのエコシステムに参加する人々が増加し、産業が発展すれば価値は必然的に安定するだろう。それ以上でも、それ以下でもない。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36