LINEで送る
Pocket

bitcoinjpjj

予告よりも早く、Segwitの大規模アップデートが含まれるBitcoin core 0.13.1がリリースされた。これに伴い bitcoincore.orgは、Segwitへのアップデート方法と影響を受ける関係者へのガイダンスを行なった。

Segwitは2年がかりで開発者が研究開発を行ってきたテクノロジーで、完全な後方互換性を持ちソフトフォークのみでアップデートすることができる。Segwitの運用が実際に始まるには、マイナーやブロックエクスプローラーなどのフルノードによる採用が必要だ。

マイナーは、Segwitがロックインするためにハッシュレートの95%をもって採用の表明を行う役割を担う。

マイナー以外のフルノードは、Segwitのトランザクションを検証し、マイナーが正しくSegwitのトランザクションを検証しているかを監視する役割を担う。ビットコインのネットワークで不正が行われていないかを確かめるためにも、充分な数のフルノードが0.13.1にアップデートしている必要がある。

その他の一般ユーザーは、Segwitの適用後に特別に何かを行う必要はない。Segwitが有効化された後のビットコインネットワークでユーザーができることは、Segwitを用いたトランザクションを作成することだけだ。

Segwitに未対応の古いウォレットを使用していても、Segwitによるトランザクションを受け取ることができるため安心だ。ただし、Segwitトランザクションを受け取る場合には、ピアのリレーの関係上ブロックに取り込まれるまで送られてきたトランザクションを認識できない可能性があるため注意が必要だ。自身のウォレットがSegwitに対応しているか調べるには、公式のアップデートを追うしかない。

マイナー

マイナーの投票は、BIP9で定義されるversionbitを用いて行われる。2016ブロックのうち95%(1916ブロック)以上がSegwitの採用を表明すれば、その後ロックイン期間に入る。ロックイン期間はSegwitの採用準備期間で、このシグナルが発せられるとSegwitの採用が確定する。

ロックイン期間は2016ブロックの猶予があり、投票期間と合計して4032ブロック(約4週間)かけてSegwitが活性化されることになる。

Segwitを支持せず、アップデートしないマイナーも今までどおり通常のブロックをマイニングすることができる。ビットコインコアは、0.13.1以降もSegwitを採用しないノード向けのオプションを用意しているとのことだ。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36