LINEで送る
Pocket

bitcoin-mining

最近、数週間に渡って、ビットコインネットワークへの大量の取引送信により、少なからずの問題が発生している状況にあるが、これは、「負荷をかけることによって、誰かが利益を得る可能性がある」という仮説に基いて行われた「ストレステスト」だった。

結論から言うと、マイナー(あるいは協力的なマイナー群)は既にネットワークに対してトランザクション数をかさ増しする攻撃を行い、より効率的な利益を得ている可能性が高い。

「この攻撃”Golden Ratio Attack”(黄金比攻撃)は、全体の38%のハッシュパワーをコントロールするマイナーがいれば成功します。私たちは既にストレステストを終了しましたが、この兆候は未だ続いています。」

「黄金比攻撃」と呼ばれるこの手法は、 1 – 1/φ = 38%(φ = 1.61803:黄金比)のハッシュパワーを維持することで可能となる。BitcointalkのユーザーCrydditの報告によれば、マイナーは故意にネットワークに負荷をかけ、38%のマイニングパワーになるよう調整することで、通常の採掘によって得られる利益と比較した際、低コストでブロックを掘り当てることができるという。

基本的な原理は、取引手数料の選別だ。通常ではビットコインユーザーは安い手数料ですぐに承認されるが、それらはマイナーにとって「美味しくない」取引だ。これを、故意に負荷を掛け取引を選別し、ブロックに含まれる「正常な」美味しい取引を2/3になるまで貯めこんでから採掘する。ネットワークに負荷をかけるために消費した手数料を考慮しても、これは通常の採掘よりも高効率だ。

現状はブロック報酬に対してマイナーの手数料収入の割合が1%未満であるため、それほど大きな問題として顕在化されていない。しかし、いわゆる「ストレステスト」は継続的に行われており、取引の選別が行われているという事実は重要だ。マイナーはマイニングによるブロック報酬が月間、年間のパフォーマンスに直結する。「損益分岐点を超えるために、僅かな手数料競争をも行う。」報告者はそう語る。

ここ数ヶ月の間議論になっているブロックサイズの引き上げに関して、インターネットのインフラが弱い地域では、ネットワーク帯域が不足し、採掘が出来なくなってしまい、マイナーの集中化を招くといった論争もある。しかし、これに関しても地域差に起因する維持コストとのトレードオフにあり、一方的にマイナーの集中化が起こると考えるのはフェアではない。例えば、中国などは日本と比較して圧倒的に安い電気代でマイニングを行うことができるからだ。

ブロックサイズの引き上げは、通常ユースの取引をサイドチェーンやマイクロペイメントチャネル、ライトニングネットワークなどの技術を用いて解決すべきだというのが現在主流の考え方だが、新たな論点として浮上したのがこの問題だ。

「マイニング市場は、もはや公正な市場ではありません。競争力を持たないマイナーは、常に競争力のあるマイナーよりも不利益な環境で採掘せざるを得なくなります。これは、38%のハッシュパワーを持つマイナーが市場を実質的に独占するということです。」


Bitcointalk : The Golden Ratio Attack. Blocks more than half full lead to mining monopoly.
※日本国内のIPからはアクセスできない場合があります。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36