LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2015-08-18 17.55.09

コア開発者であるマイク・ハーン氏とギャビン・アンドレセン氏らによって開発されたビットコインコアのオルタナティブクライアント「Bitcoin XT」がリリースされたことにより、ビットコインコミュニティはこれまでに無いほどの狂騒に包まれている。

論争の根底は、ビットコインのネットワークを分断しかねない大きな変更が「XT」クライアントに含まれていたことだ。8月6日にリリーススケジュールが発表され、15日に公開された「XT」には、ビットコインネットワークのスケーラビリティを拡張するため、ブロックサイズを8MBに引き上げるスケジュールを組み込んだ形でリリースされていたことが判明した。

このようなフォークの強行はこれまでに前例がなく、そのためReddit上ではスケーラビリティロードマップがはじめて公開された2014年10月からの10ヶ月間で最も激しい論争を呼び、現在もこのフォークに関する議論は沈静化していないようだ。

ブロックサイズは現在1MBに設定されており、取引の処理上限は秒間7トランザクション、一日でおよそ60万トランザクションまでに制限されている。6月から7月にかけて行われた「ストレステスト」では、ビットコインのトランザクション数が20万件にまで膨れ上がり、ネットワークに大規模な遅延が見られ、早急に送金を行いたいユーザーの間で手数料競争が発生したことが問題視された。

今のところ、ビットコインのネットワークにおける一日のトランザクション量は11万程度ではあるが、2014年を通して40%の増加、2015年から現在まで既に30%のトランザクション数の増加が見られているため、今後二年の間に20万トランザクションまで成長することは充分に想定の範囲内だ。

ライトニングネットワークは実現しない?

ブロックサイズの引き上げ、ライトニングネットワーク、サイドチェーンなど、ビットコインのスケーラビリティを拡張するために様々な案が提示されたが、「XT」の開発者であるマイク・ハーン氏はそれでもかつブロックサイズを引き上げなければならない理由があると主張する。

「サトシのデザインしたプロトコルの代替案として提示されている”Lightning Network”は実現できないでしょう。[…]数多のアドレスをハブ化し異なるひとつのアドレスを指定することは複雑極まりないと考えています。実現不可能な技術で置換しようとしているのです。私は以前、この技術に関する多くの落とし穴に関する記事を書きましたが、なぜこの技術が今のビットコインよりも良いとされるのか、全く理解できません。」

ライトニングネットワークはマイクロペイメントチャネルの技術を応用した技術だ。ネットワークにチャネルを接続し、信頼できるいくつかのサードパーティを通じて複数のチャネルを繋げることで二者間で支払いチャネルを作らなくても高速なトランザクションを可能にすると言われている。一方で、サードパーティが悪意を持っている場合、ビットコインを不正窃取できてしまう状況が多数あり懸念材料となっているようだ。

また、ギャビン・アンドレセン氏はブロックサイズを8MBから段階的に引上げ、2年毎に倍増し最大で8,192MBに到達させる「BIP101」も解決策のひとつとして提案。しかしながら10年後に256MB、20年後には8GBに達するこの提案は、世界全体のインターネットインフラがムーアの法則に従って進化し、整備されることが前提であって、不確定の要素が多く残っている。

XTを採用するかは自由

しかしながら、残された時間は少ない。ハーン氏によれば、2016年の冬には恒常的なトランザクションの遅延が発生しはじめるとの予想だ。

ブロックサイズの引き上げに否定する人々の意見は主に、「ネットワークが分断されることへの懸念」「引き上げによってマイナーの集権化構造の助長」、あるいは「新しい”何か”を待つ」の3項目に分けられる。視点を変えればこれのどれも正しいが、実際のところ、6000億円の経済規模を持ち、今なおインターネット黎明期を超える速度で成長してしまっているビットコインがここで立ち止まることは難しい。

「XT」におけるブロックサイズの引き上げは、2016年1月までにネットワークのノードのうち75%が採用することで実現する。仮に75%に到達した場合、残りの25%とは切り離され、ビットコインのネットワークはふたつに分断されることになる。ビットコインはオープンソースであり、様々な「コア」があるため、どれを選択するかはノードの自由だ。

XTを採用するノードの数を計測するXTnode.comによれば、既に全体の9.2%が採用していることが認められる。ネットワークのノードの過半数を占めると言われる中国のマイナーが採用しなければこれを実現することは難しいが、今のところ、中国のマイナーや取引所の間ではブロックサイズを8MBに引き上げることを承諾する非公式の協定書を作成しており、今後準備が整い次第「XT」に移行しはじめることが予想される。


参考:
Mike Hearn – Why is Bitcoin forking?
Gavin Andresen – Why increasing the max block size is urgent
Bitcoin XT – Website

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36