LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-07 12.54.06

ブロックチェーンAPIに特化したサービスを提供するGemが、710万ドルのシリーズAを収めたことを明らかにした。

ラウンドを主導したのはペリオン・ベンチャー・パートナーズ。そのほか、KECベンチャーズ/ブロックチェーン・キャピタル/デジタルカレンシーグループ/RREベンチャーズ/タマリスクグローバル/ドラムンド・ロード・キャピタル/テクトン・ベンチャーズ/アンプリファイ・LA/ダンマー・キャピタル、およびエンジェル投資家のJames Joaquinが同社のシリーズAに加わっている。

同社は昨年4月にも330万ドルの資金調達を実施しており、今回の710万ドルを合わせると1040万ドル(日本円でおよそ12.3億円)に達したことになる。今回の資金調達に際しては、Gemのボードメンバーにペリオン・ベンチャー・パートナーズのBen Dahlが着任した。

Gemはビットコインのウォレットをフルスクラッチで書き直し、REST APIに最適化されたクライアントにアクセスするAPIを提供するサービスだ。ユーザーはGemを通じて、ユーザーのみが知りうる秘密鍵を発行されウォレットが作られる。これを通じてユーザーはセキュアなビットコインのサービスを自在に構築できるというわけだ。

また、Gemは現在拡大するブロックチェーン技術の動きを受け、ビットコインだけでなくさまざまなブロックチェーンに対応するAPIを作成中とのこと。ブロックチェーン・アプリケーションのためのモジュラープラットフォームを目指しているようだ。


CoinDesk

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36