LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-07 17.47.48

ビットコインやブロックチェーンの技術に長けたテクノロジスト、ビジネスコンサルタント、研究者が集まる新たな会社が日本から生まれた。

株式会社ブロックチェーンハブ(略称BcH)は、増田一之氏、本間善實氏、志茂博氏によって創業された企業で、ブロックチェーン技術の普及や事業支援活動を行うコミュニティを形成しビジネスへの応用を促進することを目的としている。

昨今では、MUFGやみずほ、三井住友、野村など国内最大手の金融機関がブロックチェーン技術の利活用に向けた取組みを行っており、フィンテック関連技術事業投資の一環として数多くの企業がブロックチェーン技術に強い関心を抱いていることが伺える。しかしながら、そうした中でブロックチェーン技術そのものの活用に向けては、世界規模で見ても模索段階であり、業界は玉石混交の情報の中で混沌とした様相を呈している。

BcHは、こうした中でブロックチェーン技術の正しい理解を促進するための情報発信やコンサルティングを行いビジネスパーソンのためのコミュニティを形成するとともに、ブロックチェーンによる起業を志願するアントレプレナーの起業支援活動なども行っていく予定だ。

アドバイザーには、元日本IBM代表取締役会長の北城恪太郎氏、慶應義塾大学商学部教授の深尾光洋氏、早稲田大学大学院教授の岩村充氏が参加。岩村充氏は、「Can We Stabilize the Price of a Cryptocurrency?(SSRN)」の共著者であり、『貨幣進化論』の著者でもある。

また、ビジネスアドバイザーには松田一敬氏、大石哲之氏、樋原伸彦氏、岡田隆氏、技術アドバイザーにはNicolas Dorier氏、武宮誠氏、今井崇也氏、栗元憲一氏が参加した。

同社は活動の第一弾として、2月のはじめに創業記念シンポジウムを開催する。同社の情報プラットフォームに賛同するビジネスパーソンを募る予定だ。


スクリーンショット 2016-01-07 17.49.29
公式ページ

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36