LINEで送る
Pocket

swift-forum-2015-bitcoin
先日ロンドンで行われたSWIFTビジネスフォーラム2015のパネルセッション「機関向け金融サービスにおける’破壊的’な技術の活用」において、ブロックチェインを巡る熱い議論が行われた。

パネルセッションには、HSBCのイノベーション推進部門のクリストフ・シャゾット氏、メトロバンクのクレイグ・ドナルドソンCEO、SWIFTのゴットフリート・レイブラントCEO、アースポートのダニエル・マロビッツ社長など錚々たるメンバーが集結した。

パネリストであるバークレイズのチーフデータオフィサー、ウサマ・フェイヤード氏はビットコインの技術が金融セクターにおいて大きな影響力を持つとし、将来的な利用可能性に期待できると考えている。

私は、暗号通貨の基盤となっているブロックチェインの技術を「変革」であると考えています。電子署名によって契約、データのやり取りなどのトランザクションを行う元帳システムのアイデアは素晴らしいです。従来の金融機関のインフラ技術としてブロックチェインを組み合わせたらどうなるのでしょうか。

これに答えたのはアースポートのマロビッツ氏だ。アースポートは銀行に対して送金プラットフォームのホワイトラベルを提供する企業で、昨年12月にRipple Labsと提携したことが話題となった。マロビッツ氏は「自社の業務改善のために使用できるかを確かめている」とし、ブロックチェインが金融の世界にもたらしうる影響は重大だと述べた。

私は非常に重要かつ深刻な問題であると考えています。これは、社会に重大な影響を与えることでしょう。私たちはそれがいつ、どうやって起こるのかを注視しなければならない。

さらに、マロビッツ氏は検証を行っていく中で、分散元帳の技術と従来の金融機関の基盤に存在するコンプライアンスを擦り合わせる目処がついたということを付け加えた。これは恐らく、Ripple Labsが最近、アカウントやゲートウェイの停止権限をLabsが持つことを発表したことに関連しているのではないだろうか。ブロックチェインベースのプロトコルは分散システムであるため、不正取引を感知できたとしてもその取引や口座をピンポイントで凍結することは不可能だ。これらを可能とするのは、今のところ分散型の合意システムと中央管理型のシステムを組み合わせたRippleだけだ。

また、メトロバンクのドナルドソン氏は、マロビッツ氏の意見に同意し、「ビットコインの技術が今の金融セクターと統合するには、コンプライアンスを取り巻くさまざまな課題を解決しすり合わせなければならない。」と述べた。そして、暗号通貨技術によって技術障壁が取り除かれたことで、資金調達や資金移動などがP2Pで行われるようになり、金融の多様化が起こり従来の金融システムに破壊的な影響を与えうると述べた。

ブロックチェインなどの革新的なテクノロジーが台頭したことで、資金調達や資金移動が銀行外で行われるようになりつつあります。非金融機関による金融サービスが増加することで、今後、保険や年金が多様化し金融機関に影響を及ぼすことでしょう。ブロックチェインはこれらを加速させ、従来的な思考の多くを破壊するのかもしれません。

HSBCのシャゾット氏は、さらに、ブロックチェインの技術を従来の銀行システムと統合すること自体は多くの可能性の一部であり、より広い応用可能性を秘めたものだと評価した。しかしながら、注意したい点としてシャゾット氏は、分散データベースが解決できるのはひとつのことだけであると付け加えた。

危ないのは、すべてのことにブロックチェインを適用しようとする人々です。ひとつのソリューションですべてを解決することはできません。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36