LINEで送る
Pocket

sidechain-image

ビットコインのリード・メンテナーを複数人擁し、「サイドチェーン」や「ライトニングネットワーク」など、ビットコインの取引速度を向上させるソリューションを開発するBlockstream(ブロックストリーム)社が、最新のシリーズAにて5500万ドルを調達したことを明らかにした。

本ラウンドをリードしたのはHorizons Ventures、AXA Strategic Ventures、デジタルガレージだ。そのほかにも、同社の既存投資家であるAME Cloud Ventures、Blockchain Capital、Future/Perfect Ventures、Khosla Ventures、Mosaic Ventures、Seven Seas Venture PartnersがシリーズAに出資した。

同社はビットコインのブロックチェーンに「アンカリング」し、親ブロックチェーン⇔子ブロックチェーンの間のアセットのやりとりに双方向性を持たせたブロックチェーン・プロトコル「サイドチェーン」の実装に取り組むスタートアップだ。ビットコインには現在、スケーラビリティと呼ばれる問題があり、10分間におよそ3600トランザクションしか処理できないネットワークを、セキュリティや分散性に影響を与えずいかにスケールさせるかが目下の課題となっており、これを解決するために動いているのがBlockstreamである。

2014年10月にはリード・ホフマンやジェリー・イェン、エリック・シュミットなどシリコンバレーを代表する著名投資家らから2100万ドルの出資を受けており、Blockstreamは創業直後より大きな期待を受けている。

同社のプロダクトとしては、サイドチェーンの限定実装である「Elements」を元に作られた取引所間デジタルアセット融通ソリューション「Liquid」がある。取引所はLiquidを使うことで、ユーザーが行う取引所から取引所へのアセットの移動がブロックの承認時間に影響を受けず、プライベートなネットワーク内で即時かつ安全に行えるというわけだ。

「ブロックチェーン技術は、フィンテックの枠組みを超えて”何ができるのか”を再定義しようとしている。」Horizons Venturesのフランシス・ハン氏はそう述べた。「分散型で、相互運用性があり、安全で、信用ある新世界への移行は既に光明が見え始めている。我々はBlockstreamと共に働き、サイドチェーンの革新的な技術のあらゆる可能性を引き出したいと思っています。」

なお、デジタルガレージは本ラウンドの出資に伴いBlockstreamの技術を使い「リーガルテック」領域にスマートコントラクトを活用することを考えているとのこと。具体的には、弁護士ドットコムのクラウド契約サービス「クラウドサイン」を発展させる形を想定しているようだ。


Blockstream – Blockstream Welcomes New Investors – Adds $55 Million in Series A
デジタルガレージ – ブロックチェーン技術開発のBlockstreamに出資 FinTech関連プロダクトの実証実験で連携へ

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36