LINEで送る
Pocket

sidechain-element
昨年11月にリード・ホフマン、ジェリー・ヤン、エリック・シュミット各氏から2100万ドルの資金調達を行ったブロックチェーン研究スタートアップBlockstreamは、彼らのサイドチェーンプロジェクトの最初のプロダクト「Elements(エレメント)」をリリースした。

サイドチェインはビットコインのブロックチェーンと相互連動する分散型データベースで、その上に株式やトークン、スマートコントラクトなどを載せ、ビットコインとその他の暗号資産を低コストかつシームレスに行えるようにするプロトコルだ。(関連:サイドチェインはインターネット興隆の夢を見るか)

ビットコインや他の暗号通貨の背後にある分散元帳「ブロックチェイン」はそれぞれが独立しており、コインとコインの交換には中央的な取引所が必要かつ、それぞれのコインが持つユニークな機能や重要アップデートは共有されることなく開発リソースの分断が起こっている。

そこで現れたのが、サイドチェーンのPoCだ。サイドチェーンのメリットを掻い摘んで説明すると、次のようになる。

  1. サイドチェーンを利用するとビットコインのブロックチェーンのネットワークを活用し、コアプログラムの開発版を走らせることができるため、
  2. より実験的な開発を行うことができる。
  3. また、開発版からそのまま移行することも出来るため、リアクティブにあらゆるプロジェクトを進められる。
  4. つまり、ビットコインのハードフォークに変わるものとしてサイドチェーンが活用できるため、システムの移行が低コストで済む。

要するに、夢のようなソリューションであるということだ。今ビットコインコミュニティで争論となっているスケーラビリティの問題も、サイドチェーンがあれば「とりあえず実験してみよう」で済んでしまうことだろう。ただし、スケーラビリティ改善案に反対していたピーター・トッド氏は、サイドチェーンのマイニング方法(マージ・マイニング:数種のブロックチェーンを同じ計算資源で同時に採掘する)関してもマイナーの寡占化が進む恐れがあるとし、憂慮しているようだ。

要素:『Elements』

今回発表されたエレメントは、リリースと同時にソースコードも公開されているため、実際にネットワークに参加することができる。簡単なスペックは以下のとおりだ。

  • ビットコインのtestnetに接続する
  • エレメントには、以下の『要素』が含まれる(すべては紹介していません&認識が異なる部分もある可能性があります)
  • Deterministic Peg
    ホワイトペーパーで考案された双方向連動を実現
  • Asset Issuance
    資産の発行、カラードコインによく似た方法で、簡易版のスマートコントラクトの実験を行う
  • Relative LockTime
    スマートコントラクトの多くは払戻しを前提に作られることが想定されるため、特定条件下でロックが自動的に解除される必要がある。トランザクションにトリガーを含めてビットコインをサイドチェイン上のコントラクトに固定し、事前合意に基いた条件で資産は再びビットコインネットワークに解放される。
  • Federated Consensus
    特定の保証人を必要としない、ユーザー+5of8 or 8of8のマルチシグポリシー。分散的にネットワークを維持管理する上で必須の機能であるが、N of MのNが脆弱な場合、資産が攻撃者に操作されてしまう可能性があり、もうしばらく実験が必要。
  • Confidential Transaction
    ビットコインのような、お金に近い資産のやり取りを公開されたデータベースに記録するのは心情としては気持ちのいいものではなく、攻撃者の標的となる可能性がありリスクである。従って、従来のように取引にプライバシーが必要になる。
    機密トランザクションは、トランザクションの所有者を検証できるような形を保ちつつ、ユーザーのプライバシーを保護するような仕組みとなっている。

Elementsの開発にはプリンストン大学やMITの学生や研究者も加わっているとのこと。このプロジェクトが成功すれば、ビットコインの革新が更に加速することになることは間違いないだろう。


参考文献:
Blockstream blog – Announcing Sidechain Elements: Open source code and developer sidechains for advancing Bitcoin
Elements Project
Slide PDF
GitHub – https://github.com/ElementsProject/elements

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36