LINEで送る
Pocket

]

Blockstream(CEO:オースティン・ヒル)はサイドチェーンを用いた商用アプリケーション「Liquid」を開発したことをCoinDeskを通じて発表した。

2014年10月にホワイトペーパーが公表され、リード・ホフマンやコースラ・ベンチャーズ、AMEクラウド・ベンチャーズなどから2100万ドルを調達して以来、オープンソースプロジェクトとしてビットコインと双方向に連動する「サイドチェーン」の開発に尽力してきた同社の初の商用アプリケーションとなる。

Liquidはビットコインを取扱う取引所や決済プロセッサ、ウォレットサービスなど複数のサービスを繋ぐサイドチェーンを構築し、提携事業者の口座間で行われるビットコインの送信を高速化するサービスだ。

まずはBitfinex、BTCC(旧BTCChina)、Kraken、Unocoin、Xapoと提携し、2016年の第一四半期までにサービスの提供を開始する狙いだ。同社によれば、Liquidはサイドチェーンの最も単純なアプリケーションだとし、導入することで「1時間掛かるビットコインの送付を数秒で行うことができる」とのこと。

Liquidの技術詳細に関しては明かされていないが、恐らくは同社が6月に発表した「Elements」の仕組みを踏襲している。クライアントはBlockstreamを含めたパートナーによるサイドチェーン上のマルチシグ・アカウントを通じてビットコイン資産をエスクローし、サイドチェーンで発行され、ビットコインにペグされたサイド・ビットコインを独自のコンセンサスプロトコル(Byzantine Round Robin Consensus)によりサイドチェーン・トランザクションの承認作業を行う。

さらにLiquidは機密トランザクション(Confidential)を将来的に組み入れるとし、トランザクションの内容を秘匿したまま資産の移転を行えるようになるとのこと。同社CEOのオースティン・ヒル氏はサイドチェーンと他のオルタナティブ・ブロックチェーンを比較し、サイドチェーンの安全性と分散性を特に強調した。

Liquidはブロックチェーンとほぼ同じように動作するが、メインチェーンとは異なるブロックチェーンの上で稼働する。我々はプロトコル層ですべてのビジネスロジックを実行可能であり、他の機関もまた資産の所有権は自身で管理している。他の試みは中央管理型と化してしまっているが、我々にそういった問題は発生しない。


CoinDesk – Blockstream to Launch First Sidechain for Bitcoin Exchanges

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36