LINEで送る
Pocket

bank-of-new-york-mellon
ニュージャージー州ジャージーシティに本拠を置くニューヨークメロン銀行(通称メロンバンク)は現在、金融取引のための新しい手段として、ビットコイン技術を試験している。

メロンバンクはビットコインそのものを使用するのでなく、ビットコインのソースコードに改変を加え、独自の仮想通貨「BKcoin」を作成し、運用している。BKcoinは銀行ソフトウェア開発への貢献に応じてメンバーへと配布されており、ギフトカード、クーポン券、あるいは他の特典と交換可能なポイントとして用いられるという。

本プロジェクトは、メロンバンクのCIOであるスレッシュ・クマール氏によって主導されている。クマール氏は「私たちのビジネスにおけるビットコインの適用可能性を確かめたい。」とし、銀行セクターにおけるオープンソース化ニーズの向上の一環として、ビットコインとブロックチェインの技術が選択された。

“これらの新技術の多くは大きな思考の変化を伴います。私たちの内部の評価制度のような管理された環境において、それらを具体的な方法を見つけることができるようになれば、企業が潜在的なより良い価値基準を理解するための絶好の機会だと思います。”

銀行セクターにおけるブロックチェイン技術は、改ざんや破壊行為を行おうとする第三者から保護できる堅牢なシステムであり、取引履歴がすべて保存される、安価な元帳システムとして見ることができる。今回メロンバンクがやろうとしていることは、BKcoinを直接業務システムに組み込むことではなく、コインの取引経路の把握、コインの価値評価基準の試験、インセンティブを可視化することで開発者のモチベーション変化の追跡、人事評価軸として活用できるかなど、さまざまな社会実験的な側面をもった実証実験である。

メロンバンクは今後この試みに関してのレポートも公開するとしており、どのような結果が得られるのか、非常に興味深いものだ。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36