LINEで送る
Pocket

bull_bitcoin

2015/10/17(土) – ビットコインが現物価格で $278.79、前日比 3.439% と大幅な値上がりが見られた。ファンダメンタルズ要因は確定できないものの、良質なニュースが連日リリースされたことが引き金になったと予想されている。一週間の推移では安値 $244.38 から +$34.41 と強気の相場が継続している。チャートの形態としては6月初旬の動きとよく似ており、いましばらくの間は目が離せない相場となるだろう。

2015/10/16(金) – 英財務省は、2020年までのフィンテック・ハブ計画のひとつとして、デジタル通貨やブロックチェーン産業に係る企業を誘致したい考えであることを明らかにした。これは、今年創業されたビッグデータ研究の専門機関「アラン・チューリング・データ科学研究所」の研究投資計画の一環として行われる。英財務省は同研究所に4200万GBPの予算を投じ、またデジタル通貨の研究に1000万GBPの予算案を新たに組成した。ロンドン・ハブ計画の第一歩としてまず、米サークルがオフィスを新設するとのことで、イギリスを中心に、ヨーロッパでデジタル通貨ムーブメントが起こりそうだ。(BTCN

2015/10/15(木) – 米オーバーストックは、ニューヨークベースのヘッジファンド「クリークファンド」に対し、分散型暗号証券取引プラットフォーム「TØ」を通じてダウ平均株価指数に連動するスマート証券を1000万ドル分貸しつけたことを発表した。同社はこれまでにもCEO、およびFNY Capitalの私募債発行を実施してきたが、本件のディールは過去最高規模となる。オーバーストックはクリークファンドの他、金融機関4社に対しても貸し株の打診を行っていることを示唆した。(BTCN

2015/10/14(水) – 英バークレイズは、同社がTechStarsと共同で主催したインキュベーション・プログラムの卒業生とパートナーシップを締結したことを明らかにした。パートナーに選ばれたのはChainalysisとWaveの二社。両社ともにブロックチェーンを用いた帳簿管理を主なサービスとして提供するスタートアップだ。Waveは出荷情報などをブロックチェーン上に記載することで、サーバーや紙のコストを削減することを狙いとし、Chainalysisはブロックチェーンで行われたトランザクションの全体像を解析し、資金の移動経路を割り出し規制当局や金融機関に情報提供を行っていた。(BTCN

2015/10/13(火) – 米Blockstream、リード・ホフマンやエリック・シュミットらから2100万ドルを調達し、サイドチェーンの開発に取り組む企業は、事業者向けのコンソーシアム型サイドチェーン「Liquid」のリリースに踏み切ったことを明らかにした。Liquidはサイドチェーン上でビットコインに紐付くオルト・ビットコインを発行し、事業者間価格の裁定機会を促進する機能を提供する。(BTCN

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36