Archives for コラム - Page 2

コラム

Storjコミュニティの現状と課題

注:本文書は筆者個人の意見であり、Storjコミュニティの見解ではありません。 最近少しづつ知名度を上げつつある分散型ファイルストレージStorjですが、ここでは「Storjコミュニティ」という、少し違った側面からクロー ...
続きを読む »
コラム

リバタリアニズムの終焉

ビットコインはそもそも、匿名ではない 前編:ビットコイン取引調査会社Chainalysis、規制当局と連携図る ビットコイン取引の匿名性は、一般ユーザーにとってみればあまり重要でなく、現金やクレジットカードのように使うこ ...
続きを読む »
コラム

仮想通貨を使ったクラウドファンディングは違法なのか?

2015年はクラウドセールの年になりそうです。 クラウドセール(Crowdsale)とは、開発者が独自に発行したトークン(コイン)をビットコイン払いで売りに出し、開発費を捻出する、暗号通貨を使った新しいタイプのクラウドフ ...
続きを読む »
コラム

金融のスペシャリストがビットコインに未来を見る本当の理由

2015年、ビットコインのはじまりはBitstampのハッキング被害、CEX.ioやCoinTerra、ZeusHashなどいくつかのマイニング企業が経営存続の危機に陥るなど、悪いニュースが続いていた。一方で、Coinb ...
続きを読む »
コラム

KPMG:ビットコインはリテールバンクの脅威となる可能性がある

世界の四大会計事務所のうちのひとつであるKPMGは、リテールバンクの持つ基本的な機能(預金、決済、融資)を代替する技術として、ビットコインが破壊的な影響を与える可能性があるといった趣旨の報告書を公開した。KPMGは最近、 ...
続きを読む »
コラム

ビットコインと知的財産 〜 発明者の権利を保護する革新技術とは

ビットコインは通常、クローズドループ環境における企業発行のデジタル通貨とは対極の、オープンなドルや円など政府が発行する不換紙幣の代用品としてのインターネットマネー、あるいは投機商品、グローバル決済ネットワークとして見られ ...
続きを読む »
コラム

ダラム大学教授ケビン・ダウドが語る、プライベートマネーとしてのビットコインの問題点

ケビン・ダウド氏はダラム大学の金融・経済学教授であり、政府が発行管理する不換紙幣制度に異議を唱え、政府の規制を受けないプライベートマネーを推進するリバタリアンだ。ダウド氏はリバティ・ドル、デジタル・ゴールド、ビットコイン ...
続きを読む »
コラム

累計4億ドル、価格の低迷にも関わらず何故ビットコイン業界には投資が集まるのか

ビットコインの価格は現在370ドル、昨年の同時期に1100ドルをマークした頃に比べるとおよそ3分の1の価格に落ち着いている。年末に発せられた中国政府のビットコイン禁止令、2014年早々にMt.Goxの破産申請が起こるなど ...
続きを読む »
コラム

シティグループ:金はビットコインに極めて近い商品である

11月30日、スイスにて中央銀行(SNB)が全資産の20%以上を金として保有することを義務付ける提案のための国民投票実施が迫っている。 この提案を支持する者は30%おり、金を保有することでスイスの財産を保護出来ると考えて ...
続きを読む »