LINEで送る
Pocket

ceres-janom-cointip

株式会社セレス【3696】と東大発ベンチャーの合同会社ジャノムが共同で、ビットコインの送金・投げ銭サービス「CoinTip」(コインチップ)のサービス開始を発表した。

CoinTipは、Twitter等のSNSで簡単な定型文を「つぶやく」だけで、相手のアカウントに対してビットコインを送金できるサービスだ。送金単位は1mBTCで、0.0001mBTC(≒0.00078円)の少額まで、手数料なしで気軽に送金することができる。つまりCoinTipを使うことで、時間や地理を気にせず直接、瞬時に感謝や応援の気持ちをビットコインとして送ることができる。

FacebookやTwitterの「いいね!」ボタンなど、共感を可視化する機能は、今やSNSを含むソーシャルメディアでは必須といえる。しかし、共感以上の効力があったかというとそうではない。もちろん、共感はインターネット上に限らず社会の中で重要な比重を占め影響力を持っているが、他方で現実世界では共感だけなく、その先に支援や応援など、実際の行動が必ず伴う。インターネットだけでこのような行動をとるには、最近まで非常に困難なハードルがあった。

ビットコインはこのような問題を簡単に解決できる。セレスは声明で次のように述べている。

「CoinTip」を利用すれば、応援しているアーティストや海外の有名人に対して、チップ(投げ銭)をビットコインで送ることも可能となります。また、NGOやNPOのような仲介団体を通さずに、直接寄付対象者に全額寄付として送金することも可能となります。「CoinTip」では今月中に多言語化対応をおこないグローバル展開する予定です。

こうした仮想通貨の投げ銭サービスは、OSSのライブラリも存在していることからビットコインに限らずいくつか存在する。最も有名なのは、最近AirBnBにアクハイアされた「ChangeTip」、また国内発の仮想通貨monacoinのチップbot「tipmona」などがある。


セレス ニュースリリース

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36