LINEで送る
Pocket

circle-150430

米ボストンに拠点を置くビットコイン総合サービス「サークル(Circle Internet Financial Limited)」が新たなラウンドで5,000万ドルの資金調達を実施したことが明らかとなった。ラウンドに加わったのはゴールドマン・サックスをはじめとし、IDGキャピタルパートナーズ、アクセルパートナーズなどだ。

サークルはブライトコーブ創業者であるジェレミー・アレイア氏が創業しCEOを務める、ビットコインのウォレットサービスを提供する企業だ。2013年10月にシリーズAにてアクセルパートナーズらから900万ドルを調達。2014年3月にはシリーズBを実施し1,700万ドルを調達した。同年9月に公開されたウォレットアプリは、クレジットカード決済を通じ有利なレートでビットコインの購入ができるユーザーフレンドリーなウォレットとして幅広い支持を受けている。

これは、フォーチュン誌が27日に公開した事前情報と一致する内容だ。フォーチュンでは、サークルのバリュエーションは2億ドルであり、ゴールドマン・サックスが参画すると述べられていた。サークルの取締役会には、インサイダー取引で追求を受け退任したイフティ・アーメド氏(オークインベストメントパートナーズ)の代わりに、ゴールドマン・サックスよりミッシェル・バーンズ氏、ならびにIDGキャピタルパートナーズよりQuan Zhou氏が加わった。

関連記事:Fortune – Exclusive: Bitcoin company Circle raising new cash

ラウンドの実施に伴い、サークルはアカウントの新機能としてUSドルの保有、送受信機能を追加することを発表した。これにより、ユーザーがビットコインとドルの両方をサークルのアカウントの上で保有管理することができるようになった。ユーザーはドルで保有している状態のまま、ビットコイン決済を採用している店舗に対してビットコインで支払うことができるようになる。

また、サークルの新機能ではユーザーがビットコインの支払いを受ける際にも、ドルで受け取りたい場合には自動的にドルに変換して所持することができる。つまり、ビットコインで持ちたい場合はもちろんビットコインで持つことができるし、価格変動の影響を受けたくない人はドルで持つ、ということが簡単にできるということだ。

サークルは国際展開に非常に積極的であり、今後の展開先としてイギリス、中国、ヨーロッパ諸国にまずは進出し、最終的に世界中のどこでも利用できるようにしたいとジェレミー・アレイア氏は語った。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36