LINEで送る
Pocket

bitcoin-bank-blockchain

CoinbaseのCEOであるブライアン・アームストロングは、先週土曜に開催されたBitcoin Round Table(香港)で合意された結果 — 2MBのハードフォーク案の受け入れと、Segwitのリリースを約束 — に異議を申し立て、Bitcoin Classicによるハードフォークを推し進める方針であることを明らかにした。

同氏が自身のブログで公開したポストのタイトルは「The Bitcoin Roundtable Consensus Proposal — Too Little, Too Late」。

グレゴリー・マクスウェルやピーター・ウィール、マーク・フリーデンバックなどBlockstreamの開発者らが「内輪での勝手な合意だ。実際にリリースするかはコードレビューを経て決めるのだから、期日を切られても困る」と、反発している一方で、アームストロング氏は、その範囲が狭く、ハードフォークが実行されるまでの期間が長すぎると正反対の立場から合意を否定した。

アームストロング氏の意見をまとめると、次のとおりだ。

  • ブロックサイズ拡大はSegwitよりも優先順位が高く、SegWitには未知の複雑さもある
  • 2017年7月をハードフォークの開始に置くことは、トランザクションの増加傾向を見ると遅すぎる(今よりも悪化している可能性が高い)
  • Bitcoin Classicはギャビン・アンドレセンのお墨付きで、攻撃耐性もある
  • どれほど素晴らしいチームであれ、単一のグループに完全依存する開発体制は問題
  • 複数の競合を認め、ブロックチェーンのプロトコルによる投票で決定したほうがいい

このような理由から同氏はBitcoinClassicを採用することを決めたとのこと。BitcoinClassicの投票では、直近のブロックの75%が新プロトコルを採用したノードによって採掘された場合、30日間の猶予を持って新しい仕様(この場合、ブロックサイズが2MBに拡張する)に切り替わる。つまり、ハードフォークが実行されるということになる。

このルールは、ある意味で平等だ。世界で最も大きなビットコイン企業のひとつであるCoinbaseが採用を宣言しても、ブロックを採掘するマイナーらがそれを却下すれば、ハードフォークは実行されない。しかし、ブロックを採掘した割合で決定すること自体にも問題は孕んでいる。すなわちハッシュパワーを持ったマイナーであれば、一意にハードフォークを強行することができるということだ。

12月30日にジェフ・ガージックがブログで記したように、「マイナーにとって有利なプロトコル」、ビットコインのネットワークが手数料競争にさらされる結果を招くことになるだろう。

少なくとも、先週土曜の「合意」がコミュニティ全体の総意ではないことは明らかだ。ラウンドテーブルの結果に合意する人々、結果に反対しハードフォークを拒む人々、結果に反対しBitcoin Classicを再び持ち出す人々。議論は再び振り出しに戻ったのだろうか。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36