LINEで送る
Pocket

CJlpWmpWEAAEK-N

2014年に続き、CNBCが選ぶ破壊的な企業トップ50「Disruptor 50」にビットコインのウォレット・取引所・決済サービスを提供する総合企業「Coinbase」が選ばれた。

Disruptor50は、毎年半分以上が入れ替わる、入れ替わりの激しいリストだ。選ばれる企業は、「最も注目すべき企業」として、今まさに業界をイノベーションしている企業ばかりで、その中にCoinbaseが二年連続で選ばれることは非常に意義のあることだ。

Coinbaseは昨年、35位にランクインしていたが、今年は31位に順位を上げている。50のリストの中に他のビットコイン企業は含まれておらず、Coinbaseが実質的な業界リーダーであることを裏付けるものであると言える。

ちなみに、Coinbaseの紹介文は「The closest thing bitcoin has to a central bank」。非常に大胆なコメントだが、それくらいの目標がなければ業界をDisruptすることはできないだろう。Coinbaseは最近、ギリシャ不安を受けてユーロ圏の人々に対し手数料ゼロでビットコインの販売を行うキャンペーンを行っていた。

Coinbaseは現在、アメリカ33州に加え、欧州19カ国へとビットコインの販売サービスを展開。今年の1月にBBVA、USAA、NYSE、NTTドコモらから7500万ドルの資金調達を行った。


参考:
CNBC – Disruptor 2015

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36