LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-02-10 19.08.30

2月10日、coincheckを運営するレジュプレス株式会社が、台湾地震被災者の支援を目的とした緊急支援基金「coincheck基金」を開始した。

プロジェクトでは、インターネットを通じて数円相当の手数料で、かつ世界中の人々に即時に送ることのできるビットコインを利用。国境を超えた送金ができる特性を活かし、海外在住の支援者に向け英語対応も行っている。

「今回の地震で何ができるだろう?と考えたのですが、小さなことでも良いので、まずは自分が貢献できることをやってみようと和田と話して2日でシステムを作りました。」と、同社COOである大塚雄介氏は話す。「どこまで貢献できるかわかりませんが、テクノロジーを使って、一人でも多くの人の役に立てたらと思っています。」

なお、ビットコインで行われた募金に関しては、アジア パシフィック アライアンス(A-PAD)を通じて日本円で寄付が行われるとのことだ。ビットコインは、クレジットカードや銀行振込よりも簡単に送ることができる。ビットコインを持っている方は、ぜひとも応援してほしい。

coincheck基金 – 【ビットコイン寄付】台湾地震被災者支援にご協力をお願いします


<以下、プロジェクト文引用>

台湾南部で、2月6日午前4時57分、マグニチュード(M)6.4の地震が発生しました。震源は台南の東南東48キロの地点。災害対策センターによると、台南市で少なくとも14人が死亡、484人が病院に搬送されています。

coincheck基金では、本災害の緊急救援活動、被災地復旧支援ならびに被災者支援、生活支援、復興支援を目的に緊急支援募金の受付を開始しました。

台湾は親日で有名で、東日本大震災のときは、台湾各地の消防士からなる台湾救援隊28名の派遣、総量560トンに及ぶ支援物資、政府並びに民間からの総額200億円近くに上る義援金などの多大な支援をいただきました(※1)

寄付金に関しましては、アジア パシフィック アライアンス(A-PAD)へ寄付いたします。A-PADは、アジア太平洋地域でNGO・企業・政府が災害支援のため国境を超えて相互に協力する仕組みです。
http://apadm.org/japanese/donate/

台湾地震で倒壊住宅から女性を救出、発生から48時間超
http://jp.reuters.com/article/quake-taiwan-idJPKCN0VH05K
※1
公益財団法人交流協会の「台湾からの支援(東日本大震災)」による
http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top/6BE18444C925CE364925785C00299F24?OpenDocument

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36