LINEで送る
Pocket

12795733984_bf2348b893_o

今年の6月から何度かの「ストレステスト」を経て、Coinwallet.euが更なる攻撃をネットワークに仕掛けようとしていることが明らかとなった。次のストレステストは9月に予定され、最大で30日間負荷をかけ続けるため150BTCを超えるビットコインを用意した。

同社はビットコインネットワークへの攻撃のために20台のクラウドサーバーを用意、0.00001BTCを束ね、マイナー手数料を含めた0.0002BTCをブロックチェーンへ配信する予定だ。同社によればこのトランザクションは3kbになる見込みで、常にブロックの323分の1になるという。

「うまくいけば、我々が用意した20台のクラウドサーバーは1秒毎にトランザクションを送信するだろう。プランではおよそ50~100BTCが消費され、30日間のレコードが取れるはずだ。」

同社はイギリス拠点の匿名企業で、ウォレットとビットコインの売買サービスを提供している。しかしながら6月以前に存在していた痕跡がなく、ストレステストのために作られたフロント企業だと疑われているようだ。

最近、ビットコインコアのオルタナティブクライアント「XT」のリリースでビットコインのインフラを二分しかねない事態が発生した。XTを主導するマイク・ハーン氏やギャビン・アンドレセン氏はブロックサイズの引き上げが急務であり、残された時間は少ないと主張。2016年1月に75%のシェアが得られればブロックサイズが8MBまで増加、その後2年ごとに倍増し2036年には8GBに到達するBIP101が実行される見込みだ。

これを受け、ピーター・トッド氏とサイドチェーンの開発を進めるBlockstreamの社員の一人がギャビン・アンドレセン氏からビットコインコアへのコミット権限を剥奪すべきだと主張する事態に発展している。

Reddit – Peter Todd recommends revoking Gavin’s commit privileges to Bitcoin Core

ブロックサイズ増加への懸念は主に、ネットワーク帯域の不足や物理的な記憶容量の不足だ。あるマイナーが掘り当てたブロックを他のマイナーは受信し、その情報を元に次のブロックを掘りはじめる。この際に即座にブロックのダウンロード・検証が行えない場合は、前回採掘を行ったマイナーが優位に立ち、次のブロックを掘り当てられる可能性が高くなる。

とはいえ、ブロックサイズの引き上げに関して、もはや技術的な問題というよりもオープンソースプロジェクトのコンセンサスの問題に移りつつあることは紛れもない事実だ。大企業やマイナーはオープンソースプロジェクトの成功例を持ち出して彼らの行いを賞賛し、批判するコミュニティや開発者は民主的な通貨であるビットコインの理念に基いて行動するといった構図が形成されている。

そしてさらに、白熱し続ける議論にはビットコインの発明者であるサトシナカモトと思われる人物も降臨。

ハッキングを受けたアカウントである可能性は否めないものの(加え、彼はPGP署名を行ったことがないらしく、署名の有無で判断することもできない)、「XT」がリリースされコンセンサスが取れていないままフォークが強行された現状について、強い怒りを露わにしている。

「もしふたりのディベロッパーが大衆の論理を用い、技術批判を喧伝することで”ビットコイン”を再定義し、フォークできてしまうのならば、ビットコインプロジェクトは失敗に終わったと言わざるを得ません。ビットコインは技術的にも、社会的にも強固でなければなりません。」

[bitcoin-dev] Bitcoin XT Fork

また、ブロックサイズ論争の影に隠れているが、「XT」にはハーン氏がいうところの「スパム防止機能」、言い換えればブラックリスト機能がハードコーディングされ、さらにTorネットワークを解析するためのコードも含まれているとのこと。開発者の一人は、ネットワークの匿名性が失われるとしてこの変更を強く批判している。

Bitcoin-XT – Anti DoS patches in next XT release and future research directions

様々な陰謀論も渦巻くこの「ブロックサイズ論争」に油を注ぐように現れたCoinWallet.eu。彼らの真意は一体どこにあるのだろうか。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36