LINEで送る
Pocket

「白い都市」として世界遺産にも登録されているテルアビブ。まれに40度を超えるほどに気温があがることもありますが、日頃は地中海からの海風もあり日陰に入るととても快適で、中東地域の砂漠気候とは一線を画した気候に感じております。日本で”イスラエル”というと戦争のイメージ一色で危険な地域なのではないか?という印象が大半ではないかと思いますが、実際にこちらで半年ほど生活してみた感想は、筆者が住んでいた日本やシンガポールよりもはるかに過ごしやすい夏のリゾート地といった感じです。

テルアビブの西岸に拡がるビーチの様子

テルアビブの西岸に拡がるビーチの様子

また2014年5月にサムライ・インキュベート様がイスラエルへ進出以降、メディアへの露出も増え続け、日系大手企業からのイスラエルのスタートアップの調査依頼や、イスラエルのスタートアップを招いたハッカソンなどのリクエストも増えつつあり、ようやく日本でも”Startup Nation”とも言われる世界でもトップクラスを誇るイスラエルのエコシステムがあらわになってきたのではないでしょうか?

世界スタートアップ・エコシステム・ランキング
http://thebridge.jp/2015/07/the-2015-global-startup-ecosystem-ranking-is-live

今回、ビットコインニュース様より、ここイスラエルにおけるビットコインの最新動向をお届けする寄稿の機会をいただきました。せっかく金融発祥の地の一つでもあるイスラエルで起業し、生活しておりますので、こちらでのビットコインやブロックチェーンプロジェクトの動向を、笑っていいとものテレフォンショッキングよろしくイスラエルにおける仮想通貨コミュニティーの友達を伝っていく”Blockchain Interview”として不定期にはなりますが、日本のみなさまにもお届けさせていただきたいと思います!

Blockchain Interviewの栄えある第一回目は、Israeli Bitcoin EmbassyでAmbassadorを勤めるAyal Yona Segevさんと、ビットコイン関連テクノロジーに投資を続けるエンジェル投資家のOfer Rotemさんにインタビューさせていただきました。

Bitcoin Embassyの前で。左から、Ayal Yona Segeyさん、Ofer Rotemさん

Bitcoin Embassyの前で。左から、Ayal Yona Segeyさん、Ofer Rotemさん

Hori: 早速ですが、イスラエルのビットコイン、ブロックチェーンの取り組みに関するトレンドを教えていただけますか?

Ayal: イスラエルのトレンドと言えば、カラードコインのプロトコルですね。
http://coloredcoins.org/

Hori: カラードコインのプロトコルですか?

Ayal: カラードコインは、イスラエルにとって特別な意味があるんです。イスラエルのビットコインコミュニティーでは知らない人はいないMeni Rosefeld(現Israeli Bitcoin Embassy Chairman)が、Bitcoin Talk forumでカラードコインを取り上げた記事を書いたことがきっかけで、今ではイスラエルから3つのスタートアップがカラードコインのプロトコルを開発しています。また、カラードコインファンデーションからは二人が、Colu.coで活動中です。
http://www.colu.co/

Hori: おお、Colu.co! 私もちょうど先日彼らとも打ち合わせをしておりましたが、カラードコインのプロトコルを利用したD-Appで簡単にデジタルアセットを移動させるデジタルウォレットや、多段階認証の仕組みだったり、ビットコイン・ブロックチェーンに詳しくない技術者でも容易にブロックチェーン上でデジタルアセットをやりとりできるプラットフォームを提供するスタートアップですよね。

Ayal: そうです。彼らは業界のデファクトになり得る面白いトークン発行の技術を作りました。また、彼らはSocial Investment PlatformであるeToroから投資を受けると共に、CEOであるYoni Assiaを取締役に加えています。もっともこのようなアイディアはすでに世界レベルのものですが、イスラエル発というところが面白いものです。

Hori: このあたりで一度まとめると、やはりイスラエルで注目をされている動向というとColoredCoin.orgとともに活動をしているスタートアップということでしょうか。他にはどんなカラードコイン関連スタートアップがありますか?

Ayal: CoinSpark。
Ofer: あとは、Chromawalletですね。このふたつもイスラエル発のスタートアップになります。
http://coinspark.org/
http://chromawallet.com/

Hori: ColoredCoinベースのものがこんなにも出始めているんですね。とてもCoolです。

Ayal: ええ、今、彼らは、グローバルスタンダードとなるインフラを作ろうとしているんです。また、ColoredCoinに限らず、イスラエルでは「セキュリティー」の領域でも、その強さを発揮しています。

Hori: やはりセキュリティーですか。どんな点にその特徴と強さがありますか?

Ofer: 例えば、Bits of Gold や Ledger Lockがその例でしょうか。
https://www.bitsofgold.co.il/
https://github.com/LedgerLock

Ofer: 彼らは、大きな組織の中でもビットコインの管理をセキュアに実現できるというサービスを提供しています。例えば、組織をいくつかの異なる単位に分け、異なる権限を付与したりすることができます。組織に属するユーザーは、ユーザーごとに定義された権限の範囲でしか資金にアクセスできないため、不正行為を回避することができます。

Hori: いわゆる、金融機関でいうところのセグリゲーションですね。

Ofer: そうです。彼らは企業ユースのビットコインの管理に焦点を当て、洗練された技術で不正行為を回避しようと努力しています。

Hori: やはり、イスラエルのスタートアップは一歩進んでいる印象を受けますね笑

インタビュアー紹介 ― 堀口純一

インタビュアー紹介:堀口純一(Hori) ZEROBILLBANK LTD.共同創業者兼CEO
日本IBMに12年間勤務した後、IBM Singaporeに転籍。2014年11月までの3年間、日系企業のASEAN展開や機能集約支援に携わる。その後、イスラエルに渡り、2015年2月、ZEROBILLBANK LTD.を創業。コミュニティー通貨のやりとりで生まれる、新たな価値の創出を実現するプラットフォーム構築を目指す。

Ayal: その他のトレンドとしては、「アテンション・エコノミー」が挙げられます。Horiさんは、GetGemsをご存じですか? 先日、マグマベンチャーズから資金調達を決めていたりするのですが。

Hori: GetGemsってイスラエル発のスタートアップだったんですか?ちょうど最近、日本でも流行りはじめていると聞いています。

Ofer: 私もGetGemsの動向は見ていて、彼らは日本にも注力をし始めているところですね。彼らのサービスは…

Ayal: メッセンジャーアプリ。

Hori: 私も利用してますよ!

Ayal: 実際にGetGemsを利用しているのであれば、もう彼らが何をしているかを説明するまでもありませんよね。アテンション・エコノミーのコンセプトは、アプリケーション、メッセージングを利用すればするほど、注目を集める仕組みであり、何かを誰かにプロモートするところからきているモノです。その他で言うと、例えばSynereoも大きくなってきてますよね。
http://www.synereo.com/

Ofer: 分散型のFacebookのようなものですね。

Ayal: ブロックチェーン上にあるFacebookと考えてください。まだ始まったばかりですが、大きくなる可能性は十分にあります。

Hori: 彼らも、アテンション・エコノミー関連のスタートアップってことですよね?

Ayal: そうです。アテンション・エコノミーに関する多くのセオリーを実装しようとしています。

Hori: セオリーというと?

Ofer: 心理学的アプローチで、人々が他人とどのようにコミュニケートするか、どのように繋がり、どんな関係が築かれるのか。人々のコネクションに、新しい関係性をもたらそうとしています。

Ayal: 最新の状況まで追えていませんが、peer-to-peerのSNSの環境を構築するべく開発を進めているようです。

Hori: なるほど、まだアーリーステージってところですかね。

Ofer: そうです、ウェブサイト上にどんなことを実現しようとしているのかが公開されてますので、ぜひチェックしてみてください。

Hori: 後ほどチェックしてみようと思います。ところで、なぜブロックチェーン上にSNSを?

Ayal: なぜって、Facebookにしろ、GoogleやWikipediaなどは、”優しい独裁者(Benevolent dictatorship)”じゃないですか。

Hori: えーっと、すみません、”優しい独裁者”。日本人にとっては難しい単語です笑

Ayal: つまり、ジミーウェールズ(Wikipedia創始者)、セルゲイブリンしかり、彼らは自分たちのサービスをうまく管理できている中にその弊害を知りながらも、それでいてその流れを助長しようとする。ザッカーバーグも、彼はいいヤツじゃないかもしれませんが、いい仕事はしてますよね。

Ayal: ただある日、例えば彼らがいなくなったとき、彼ら自身でコントールしているシステムが故に、システムの政治的な乱用・悪用などに使われるケースもあるかもしれません。

Ofer: 彼らは基本的に、中央集権的な仕組みなんですよ。広告や注目を集めることで売上げが上がるモデルということは、広告をクリックするたびにユーザーの特性が中央に集約され、その情報をベースに広告主から収益を得るモデルが基本だということです。Synereoは、これとは完全に異なり、分権化したPeer-to-peer上の環境になっています。中央集権の管理者が存在せず、実際に自分のアテンションを、分権化されたPeer-to-peerの環境に自分自身のデータとして分散保管し、自分自身が活用できるようにする取り組みなんです。

Hori: そういうことであれば、ブロックチェーンの上に”.bit”のトップレベルドメインを提供するNameCoinもこのようなコンセプトに近いですね。ただ、Synereoでも同様ですが、D-App上にアプリケーションを構築するということは、マネーロンダリングやその他の犯罪に悪用される可能性があるということなのでは。

Ofer: はい、ご指摘の通りです。ただ、悪いことをする人々というのは必ず現れるものだと私は考えています。児童ポルノなどが良い例でしょう。インターネットの特性上、「良い」人も「悪い」人も一緒くたにコミュニケーションをとれてしまう。それが嫌だからといって、インターネットをこの世からなくそう、とは思いませんよね。

Hori: Synereoなどのブロックチェーン上のD-Appなどでは、こういったことは常々問題になりますね。どのようにマネーロンダリングなどの複雑な問題を解決していくのでしょうか?何かよいアイディアや、注目されているトレンドなどはありますか?

Ayal: Synereoについては、社会構造的な文脈で、この問題を解決していくんだと思います。

Ayal: もう少し具体的に言うと、ビットコインのシステムと同様に、メンバーでもなく、知り合いでもない他人が参加しているシステムを基盤にしている環境とするならば、もう少し心理学的なアプローチで、こういった問題を解決できるのではないでしょうか。

Ofer: みんなのさらし者にするような仕組みのような。

Ayal: そう、Facebookでも同様のアプローチをとっていますよね。例えば、誰かがとんでもない悪事を働き、一線を越えてしまったときには、みんながその事実をFacebookに投稿。すぐに彼は悪事を働いたということが拡がっていきます。

Ayal: ただ、何人かはそれでも悪いことをするし、たまにとんでもなくやっかいな状態になる。

Ofer: つまるところ、すべてにおいて、バランスが重要だということです。

後編はコチラ

(取材・文 堀口純一)


(zakiyama雑記)
 対談の中でも指摘されていた、分散的なプロトコルであるが故の「当局の不在」。これは、ビットコイン技術の普及を阻むひとつの要因です。そのためか、Ripple Labsなどは銀行システムへの導入を目指すため、中央集権的な構造へとシフトし始めていますが、一方で、中央への集約がこのまま加速するということは、インターネット上のプライバシーが失われるということも意味します。プライバシーだけならばいいのですが、一部の企業が国家を上回り始めているように、そのような企業の崩壊は、国家の崩壊と同じように捉えることも可能であり、そうであれば、いまは非常に危ういバランスの上に成り立っているのではないかと、思わず考えてしまいます。
 もし、分散ネットワーク上の「当局の不在」を、マルチシグや、セグリゲーションのような方法で解決し、コミュニティベースの自治が本当に可能になるのであれば………もしかしたら、過渡な集中化によってまとめられてしまった社会が再び、分散化する方向へと動き出すのではないか、なんて思うのは、遠くイスラエルの地から伝わってくるスタートアップの熱気に感化されたからなのでしょうか。


 さて、次回は、Horiさんが引き続きイスラエルの動向についてAyalさんとOferさんに聞いていきます。スマートコントラクトやマルチシグを実装した、よりディープなプロトコルの開発に取り組むスタートアップの世界にダイブ出来る、とてつもなく濃ゆい内容となっております。お楽しみに!

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

堀口純一from Co-founder and CEO of ZEROBILLBANK LTD.
Website : http://zerobillbank.com/
Blog : http://blog.zerobillbank.co/

見えない世界をデザインし、まだ気づいていない価値を再定義、世の中をHappyにするプラットフォームを立ち上げるべく、世界最高の頭脳とネットワークを持つユダヤ人が集まるイスラエルで起業。Internet of Moneyの最先端を追い続けます!