LINEで送る
Pocket

bitcoin-phone

電子決済事業会社イーコンテクストは、シンガポールに本拠を置くビットコイン取引所QUOINEと提携し、同社サービス提供先の支払い手段としてビットコイン決済を提供することを発表した。

イーコンテクストはデジタルガレージグループの子会社で、オンラインゲームポータル「ネクソン」や競馬予想サイト「JRA-VAN」、ネットショップ「ビックカメラ.com」を含む20,000店舗と提携している。これらの提携店舗は晴れてビットコイン決済を導入可能になったわけだが、最初の導入店舗としてまず、オンラインでのイベント管理・チケット販売サービスPeatixに導入される予定で、7月6日から7日にかけて開催されるデジタルガレージ主催のNCC2015参加チケットの購入で利用できるようになるという。

また、イーコンテクスト決済の導入にあたり、同社決済システムとQUOINEのトレードシステムの大規模統合が行われており、ビットコイン決済を導入したいEC事業者は、イーコンテクスト決済の統合環境から簡単な設定を行うだけで導入可能だ。ビットコイン決済によってEC事業者が受け取ったビットコインは即座に換金され、他の預り金と同様一括管理される。初期段階として、ビットコイン決済の導入は既存契約事業者のみが対象となっている。

注目すべきは、QUOINEがEC事業者と消費者に対して提供するレートは、どんなに価格変動が起こったとしても30分間の価格ロックが行われるという点だ。商品の価格が頻繁に変動しては消費者にとって使いにくく、EC事業者にとっては支払われたビットコインを換金するまでのわずかな時間がリスクとなる。

QUOINEのCEOであるマリオ・ゴメス・ロザーダ氏はNCC2015のパネルディスカッションにも登壇予定であり、暗号通貨のビジネスについて議論する予定だ。NCC2015まで残り10日。ビットコインの最新動向を知りたい方は、初体験としてビットコイン決済でのチケット購入も試してみてはいかがだろうか?残念ながら、6月25日15時現在、決済方法一覧にビットコイン決済は見つからないのだが、導入済みとのことなので近日公開されるものと思われる。


プレスリリース – 日本初、イーコンテクスト、ビットコイン決済を提供開始
Payment navi – コインと提携しビットコイン決済を提供開始(イーコンテクスト)
CoinDesk – Deal Brings Bitcoin Option to Over 20,000 Japanese Retailers

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36