LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-03-11 19.01.46

「エストニアでは、もはや婚姻や離婚の届出以外のことはすべてオンラインで出来る。国民はわざわざ公的機関に足を運ぶ必要がないのだ。」

ブロックチェーンを利用したサイバーセキュリティ・ソリューションを開発するGuardtimeが、エストニア政府と提携し、130万人のエストニア国民の生涯の健康・医療データの記録管理にブロックチェーンの利用試験を開始していることが明らかになった。

Guardtimeは、信頼できる第三者機関を経由せずビッグデータのように大規模なデータを検証可能な「キーレス署名インフラストラクチャ」(KSI)を利用した分散型台帳を提供する企業だ。公開鍵暗号方式を採用する従来のアプローチとは異なり、KSIではハッシュによる暗号化を、分散型台帳の維持管理にのみ利用している。

米国防安全保障協力局の元エキスパートであり、GuardtimeのCTOを務めるマット・ジョンソン氏によれば、センシティブな情報を扱う分野では、ビットコインやイーサリアムなどでは難しかったとのこと。とりわけ医療機関で扱うカルテは個人情報の塊であり、情報を厳重に扱う必要があった。こうした理由から、既存のブロックチェーンではデータを直接扱うことはできない。Guardtimeが持つKSIではこれを、従来のブロックチェーンと同様に第三者による改ざんや攻撃を防いだまま、政府や医療機関など限られた機関でのみ利用できるようにした。

「誰がそれを管理しているか、医師がそれをどのように利用するか。」ジョンソン氏は語る。「そして、病院や他の医療サービス、保険業者。誰もがそのデータに触れ、契約に基づいて扱っている。」

ジョンソン氏は最終的に、ブロックチェーン型の分散型台帳の中に電子カルテだけでなく、政府や自治体、企業、個人のあらゆる情報が記録されるようになると考えているようだ。

「本件では監査メカニズムとして医療データを適切に処理するためにブロックチェーンを利用しているが、これは実際には政府や企業、個人が相互に作用する重要なデータを扱うこともできる。」


Guardtime

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36