LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-03-15 18.04.26

本日、Ethereum(イーサリアム)のブロックチェーンのブロック高が1,150,000に到達し、フロンティアの次期バージョン「ホームステッド」に安定移行した。現在ネットワークは正常に稼働しており、ハードフォークは成功したものと思われる。これに伴い、前バージョンでは「安全」(safeに打ち消し線)とされていたものが取り除かれ、Ethereumは名目上、安全な分散型「ワールド・コンピューター」となる。

Ethereumは近年、R3Cevの世界的な金融機関11行による実証実験のプラットフォームとしての利用や、マイクロソフト、RedHatによるクラウド・ブロックチェーン環境SDKとしての活用などさまざまな金融機関、企業にも注目されている。とりわけP2Pによる分散型のプログラム実行環境をブロックチェーンのネットワーク上に構築することから、自律的かつ自動執行される契約「スマートコントラクト」を実現できると期待されている。

ホームステッドへの移行によって、より安全なネットワークとなったEthereumは今後その勢いをより増すことになるであろうことは明白だ。

Ethereumの移行に際しては、主に「EIP-2」「EIP-7」「EIP-8」と3つの提案が実装された。EIPとはEthereum Improvement Proposalの略称で、BIPのEthereum版だと捉えられる。スマートコントラクトのためのインフラストラクチャを開発する独Slock.itのステファン・トゥアル氏によれば、本アップグレードで最も注目すべきは開発版のネットワークにおける不安定性からくる「Ethereumの開発者による任意のロールバック」機能が除外されている点だ。これにより、Ethereumはビットコインと同様に完全に自律的なネットワークとなる。またこれに伴いEtheruemのウォレットクライアント「Mist 0.5.2beta」も公開された。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36