LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-12 10.03.19

投資家向けに市場情報を配信するフィスコが、プライベート・ブロックチェーンの「mijin」などを開発するテックビューロと事業提携を行い、ブロックチェーン技術を使った情報配信およびビットコインの価格情報を配信するシステムの実証実験に取り組むことを明らかにした。

投資情報の配信プラットフォームなどは、24時間稼働が前提のシステムであり、情報によってはアクセスが一極集中しサーバーに高負荷が掛かることがある。これは、従来のシステムにおいてはコストを掛けて冗長化設定を行う必要があったが、P2Pを使ったブロックチェーン技術の特性のひとつ「ゼロ・ダウンタイム」であることで絶対に落ちない情報管理システムを構築可能だという。

「通常のデータベースがキャパシティを超えると機能を停止してしまい、サービスに多大な悪影響を及ぼしてしまうのに対して、ブロックチェーンはキャパシティを超えても自動的に遅延して情報を処理します。」

フィスコは、テックビューロの「mijin」を情報配信システムに応用することで、配信システムのゼロダウンタイム化を目指すべく実証実験を行う狙いだ。


Fisco – プレスリリース

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36