LINEで送る
Pocket

barclays-cc

「銀行業務はテクノロジーに置き換えられ、大通りに面したメガバンクの支店の数多くが撤退の憂き目にあいます。」

アントニー・ジェンキンス、今年7月に退任したバークレイズ元CEOは、タクシー業がUberの出現によって”Disrupt”されたように、銀行業においても、今まさにその現象が訪れようとしていると警笛を鳴らした。

ジェンキンス氏の見通しでは、その「瞬間」は10年以内に到来する。

「銀行は、今後10年で少なくとも20%以上の縮小が見られるでしょう。過酷なシナリオでは、50%もあり得るかもしれません。この流れは、到底止められるようなものではありません。」

トレンドを起こすのはもちろん、技術革新に熱狂するフィンテック・スタートアップの人々だ。フィンテック関連投資の増加が裏付けているように、銀行が「混乱」に陥るまでにそれほど時間はかからないとジェンキンス氏は予想する。さらに、ジェンキンス氏はこの迫り来る脅威に対し、「銀行は為す術を持っていない」と付け加えた。

しかしながら、ジェンキンス氏は「フィンテック 1.0」において、それは起こらないとも話す。現在のフィンテック・スタートアップの殆どは既存の金融サービスの上にアプリケーションを構築しており、彼は「これらをハイテクと呼ぶことはできない」と述べ、技術革新が起こる条件を挙げた。

「第一に、破壊的である必要があります。少なくとも、いまの銀行サービスの10倍以上の便益を顧客に提供できなければ意味がありません。第二に、技術はサービスの中核でなければなりません。そして第三に、それは、偏在的である必要があります。」

ジェンキンス氏はブロックチェーンの単語を含まなかったが、彼がそれを意識していることは明らかだ。バークレイズはブロックチェーン研究で先進的な銀行として知られており、2014年から継続的に実施しているフィンテック・アクセラレータ・プログラムを通じて計8社のブロックチェーン関連スタートアップとパートナーシップを締結。2016年のはじめにはビットコインを用いた寄付プログラムを実施する予定だ。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36