LINEで送る
Pocket

アメリカ合衆国造幣局(US Mint)第38代局長であるエドモンド・C・モイは、15日、ラスベガスで開催されたビットコイン・インベスター・サミットにおいて、ビットコインに潜在する「民間通貨」としての可能性について語った。

エドモンド・モイは硬貨の鋳造に携わる傍ら、金融経済政策においてブッシュ政権、オバマ政権に大きく貢献してきた人物だ。金融機関や政府の多くがビットコインの影響を懸念する一方で、モイのスタンスは正反対だと言える。彼は、ビットコインが世界中の人々に再び、民間の通貨をもたらすと考えているようだ。

「金と銀の混合物、いわゆる自然金と呼ばれる“エレクトラム”の例を考えてみます。この時代には、重さが最も重要な要素でした。人々はモノと交換する時、鋳造したエレクトラムを秤にかけて計算していました。フォーマットは関係なく重さだけが価値の尺度となる、これは究極的な民間通貨だと言えます。」

一方で、エレクトラムによる民間通貨はいくつかの問題も抱えていた。最も大きな問題は、金や銀、あるいは他の金属との混合率が不明瞭であり、コントロールが効かなかったことだ。人々はさじ加減ひとつで金の純度を90%から80%、60%と落とすことができ、商取引が活発になるにつれこの問題は溝を深めた。これを管理しようとしたのが政府だ。

「リュディア国家は金を精製する方法を編み出し、世界で初めて硬貨を発行しました。精製技術の発達により、通貨価値は安定し始めます。人々は皆、ミリ単位で硬貨の価値を信頼し、貿易のさらなる発展に繋がりました。」モイはそう話した。

エドモンド・モイの考えはシンプルで、すなわち「民間の通貨こそ経済の発展に寄与する」という思想の下にビットコインを評価しているようだ。ビットコインは純度の固定された金貨や銀貨などと同じく、計算単位が希釈化されることもない。信頼できる第三者が価値を信任しなくとも、人々は自由に、共通の価値基準をもって取引を行うことができるのだ。

「私は、ビットコインを改良された民間通貨の技術として見ています。お金の役割のひとつは経済取引であり、ビットコインはそれを活性化する触媒となりえるでしょう。政府は何故、それらの取引のひとつひとつから徴税し、関与しようとするのでしょうか。取引は個人間で行われるものであって、お金は本来的に、民主的なものになるべきです。」

銀行券が初めて発行されたのは、1661年、スウェーデン・ストックホルム銀行によるものだ。当時は兌換紙幣(金貨などと交換できる)の形態ととっていたが、1929年の世界恐慌以降、政府は金融政策が困難であるとの理由から、金貨との交換能力を持たない管理通貨制度へと移行した。歴史は、管理された通貨が長く続かないということを示している。現代において、当然のように使われている不換紙幣は100年未満の歴史しか持っておらず、このことが意味するのは、50年後、100年後のお金が今の形を保っている保証がないということだ。

そしてその時流通しているのは、ビットコインのようなP2P技術を用いた民主的な通貨である可能性は高い。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36