LINEで送る
Pocket

gavin-dci-join
伊藤穰一率いるMITメディアラボが先週発表したプロジェクト「デジタル通貨イニシアチブ:DCI」に「ビットコインビースト」ギャビン・アンドレセン氏らがジョインした。プロジェクトには同氏の他にも、元ビットコインファンデーションの開発者コリー・フィールズ氏、ウラジミール・ファン・デル・ラーン氏がフルタイムで参画することが決定している。

このストーリーは、4月7日にビットコインファンデーションの内部体制をオリバー・ジェンセン氏が告発したことからはじまった。これによりファンデーションの組織体制は大幅に見直されることになり、コア開発チームが分離、他部門の殆どを解散させるなどの再編が行われた。その後まもなく、MITメディアラボ所長である伊藤穰一氏が急遽デジタル通貨イニシアチブを発表した。ファンデーションの告発からアンドレセン氏らが加入するまでの期間はほんの2週間の出来事であり、非常にハイスピードな交渉と意思決定が行われていた様子が窺える。

アンドレセン氏は、自身のブログにおいて次のように述べている。

我々にとって、MITはビットコインのコア開発を継続するには最高の場所であると考え、メディアラボに参画させていただきました。

伊藤穰一氏は、MITをビットコインのコア開発のための技術中立的な場として提供し、業界全体の標準化、そして開発の安定化を促すことができると考えている。しかしこれは、ある意味ではファンデーションからMITに権威が移っただけのようにも見えてしまう。アンドレセン氏はこれについて、MITはあくまでも中立であり、オープンソースの文化は守られると考えている。

これは、MITがファンデーションの意思を引き継ぎ、ビットコインのコア開発の中心地として権威を築こうとしていることを意味するものではありません。ファンデーションは元々、コア開発の中心ではありませんでした。ビットコインコアプロジェクトは、他の殆どのオープンソースプロジェクトのように、独立したコミュニティが形成されています。ある人はただビットコインの成功を信じ、ある人はボランティアで、あるいは投資のために参加するなどのさまざまな形でプロジェクトを支援しています。

アンドレセン氏は、このようなオープンソースの土壌は、単一の企業や個人、組織による支援を受けるよりも失敗しにくい堅牢なものであると述べた。同氏はビットコインファンデーションのチーフサイエンティストであり、コア開発をリードするコミュニティの実質的なリーダーとも言える人物だ。2011年にはサトシナカモトから直接指名され、ビットコインのコア開発を引き継ぎ、数多くのアップデートを行ってきた。ビットコインのコアプログラムをベンチマークしながら研究を行い、劇的なパフォーマンスを次々と打ち出す彼の手腕は、コミュニティの誰もが信頼し「サトシがギャビンだったとしても驚かない」や「株式会社ビットコインのCEOに最も近い男だ」とまで言われている。

伊藤穰一氏と天才エンジニアの邂逅は一体何を生み出してくれるのだろうか。今後十年間の成り行きに期待したいところだ。

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36