LINEで送る
Pocket

blocksize-consensus-150609
コア開発者ギャビン・アンドレセン氏の「ブロックサイズを1MBから20MBに引き上げる」提案に対する議論は、今のところ、コンセンサスを取るには至っていない状態だ。

この案は、ビザ・スケール問題と呼ばれる、ビットコインネットワークとクレジットカードネットワークの処理限界の差による問題と、それによってネットワークに発生する取引遅延の問題を解決するために考案された。

主な支持者は、ギャビン・アンドレセンを始めとするMITメディア・ラボ、デジタル通貨イニシアティブの面々と、同じくビットコインのコア開発者でありBitcoinj、Bitcoin XTを開発したマイク・ハーン氏だ。反対派には、同じくビットコインのコア開発者であるピーター・トッド氏やCoinkite、GreenAddressの開発者らがいる。

反対意見は、ギャビン・アンドレセン氏とピーター・トッド氏のディベートで確認することができるが、「コンセンサスがとれないことによるネットワークの分断」「マイナーの寡占化が起き、結果的に政府圧力の影響を受けやすくなる」といった問題があり、ブロックサイズの変更は最終手段として残しておき、ライトニングネットワークなどを利用して解決すべきであるとのことだ。

また、本案に反対しているGreenAddressは、公式見解として次のように述べた。

「コンセンサスを得ず、中央集権化の問題を解決しないままブロックサイズの引き上げを強行することには反対だ。我々としても、1MBのブロックサイズが魔法の数字とも正解だとも思っていないが、今の時点で20MBに引き上げたとしても、果たしてブロックチェーンをスケールさせたと言えるだろうか。結局、その先にはライトニングネットワークやペイメントチャネル、そして、サイドチェーンやツリーチェーン等の技術が必要になるのではないか。ゆえに、ブロックサイズを今すぐに引き上げることは、将来的に修正不可能な技術的負債を増やすだけであると我々は考えている。」

さて、提案者であるギャビン・アンドレセン氏はこの状況についてどう感じているのだろうか。アンドレセン氏はIamSatoshiのインタビューに応じ、ブロックサイズ引き上げ案に付随する数々の議論についての見解を示した。

「ブロックサイズ引き上げの案を前に進めるために、マイクを始めとするたくさんの人達が、私にもっと独裁的になれと言います。私は、これを推し進めるために全力を尽くすつもりです。もし、それが嫌だと言うのならば、別のプロジェクトを探すべきでしょう。」

また、CoinbaseやXapo、blockchain.infoも引き上げ案を支持しており、Coinbase CEOであるブライアン・アームストロング氏は、「ブロックサイズを引き上げないことこそ集中化を招く要因になりかねない。」とし、「ギャビンの提案ははっきり言って保守的すぎるくらいだ。必要に応じて100MBでも、1GBでも引き上げたほうがいいだろう」と述べた。

議論の本質は「ビットコインの分散的思想が損なわれる」ことに尽きる。これについて、ギャビン氏は「20MBにしたとしても、さほど大きな問題は起こらないだろう」とし、マイナーの寡占化によってプライバシーが損なわれる懸念に関しても、「プライバシーが必要ならばTORを利用すればいい。必要な人々は既にそうしている。それに、殆どの人々は、NSAやハッカーのプライバシー侵害をそこまで気にしていないのだから。」と述べた。


EB82 – Mike Hearn – Blocksize Debate At The Breaking Point(Reddit)
CoinScrum: QA with Gavin Andresen and Mike Hearn(Reddit)

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36