LINEで送る
Pocket

globalblockchainforum

現在、さまざまな金融機関や企業がビットコインやブロックチェーンを利用しようとしている。ブロックチェーンによる電子データの権利制御技術の台頭と普及が加速度的に進んでいるが、多くの誇大広告や技術に対する誤解も含まれ、業界は混乱に包まれている。このような状況下においては、技術に対する理解の周知や、技術の可能性を潰さないための規制当局への働きかけが重要だ。

国際ブロックチェーンフォーラム(Global Blockchain Forum)は、そうした中でブロックチェーンにおける法規制を検討するために立ち上げられた。本イニシアチブは、ワシントンDCに本拠を置くブロックチェーン・アドボカシーであるチャンバー・オブ・デジタルコマース(CoDC)が主導し、豪デジタルカレンシー&コマース協会(ADCCA)、英デジタルカレンシー協会(UKDCA)、シンガポール本拠の暗号通貨企業・スタートアップ協会(ACCESS)が賛同した。

「国際ブロックチェーンフォーラムは、国際的なコラボレーションのためのプラットフォームです。」CoDCの創業者であるペリアンヌ・ボーリング氏は語る。「政府や企業、スタートアップなどさまざまな利害関係者がコミュニケーションを取り、連携し、官公庁との間を取り持つ規範を作ることを目的に設立しました。」

ボーリング氏によれば、現在の業界構造は複雑で、各々の組織が政府と別々に交渉しており、ベストプラクティスが共有されていない状況にあるという。さらに、国や地域によらず政府とのやり取りはどこも似通っていると指摘。一貫性のある法規制のためにも、世界共通の言語を持つ必要があると述べた。

「最悪のケースは、ある法律が、他の法律とコンフリクトを起こした場合です。これは、あらゆる業界の成長、投資、技術革新を大きく阻害することになります。だから早期より我々は共通のベストプラクティスを持つべきなのです。ブロックチェーンの成長がもたらす革新について、将来を予測することはできません。法規制は、そのためにも十分に柔軟である必要があります。」

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36