LINEで送る
Pocket

hitachi-logo

日立グループが米カリフォルニア州において、金融分野でのブロックチェーン技術の研究開発を行う金融イノベーションラボを設立することを明らかにした。ラボは同社が2016年1月に新設した社会イノベーション協創センター(シリコンバレー拠点)に設置される。同ラボにおける研究開発は、4月より開始される予定だ。

日立は金融機関など、同社のクライアントとともに業務が抱える課題解決のための革新的なソリューションの開発に取り組む。声明によれば、スマートフォンの普及やクラウド、ビッグデータ、人工知能などの技術革新が進む中で、日立の「共創」への取り組みのひとつとして金融とITを融合させたフィンテック分野に参画したとのこと。最近、同社はスマートフォンでのキャッシュレス決済サービス「日立モバイル型キャッシュカードサービス」を金融機関向けに提供を開始するなど、フィンテックへの取組みも強化している。

声明の中では次のように述べられている:

「今回、金融イノベーションラボの設立により、日立はITによる世界中の産業革新の中心地となっている米国シリコンバレーを拠点として、ブロックチェーン技術をはじめとする先進的な研究開発やお客さまとの協創の取り組みを進め、金融機関の業務革新を支援するソリューションの提供を加速していきます。」

また、同社は2月、The Linux FoundationやIBMなどが昨年12月に発足した、汎用的なビジネス・トランザクション処理を目的とした分散型台帳プロジェクト「Hyperledger Project」のボード企業に加わった。プロジェクトへの参加に際して同社は、「多様な国際企業の支援により、ブロックチェーンは急速に成熟し、幅広い産業に拡がっていくと我々は考えています。」とコメントを残している。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36