LINEで送る
Pocket

bitcoin_indonesia_heat_up

インドネシアにおけるビットコインの採用は急速に進んでいる。インドネシア中銀が2014年2月6日に、明確にビットコインの使用を避けるよう声明を出したのにも関わらずだ。

ビットコインは金融インフラが発達した日本のような国ではその利点があまり活かされることがないが、発展途上国においては、ユーザーにとっての需要が多くあるという。ビットコイン自体には多くの問題がある。なくしやすいウォレット(秘密鍵)をどのように管理すればいいのか。価格の急変動からどのようにして資産を守ればいいのか。これら貨幣として明らかに欠陥があるにも関わらず、インドネシア人はオンライン上のお金としてビットコインを実際に利用しはじめている。

WSJに寄稿されたブログの報告によれば、多くのインドネシア人はウェブホスティングサービスの支払いにビットコインを使用しており、また、ホテルの予約や旅行の手配にもビットコインを使用しているとのことだ。ビットコイン交換所bitcoin.co.idを運営するオスカー・ダマワンCEOは、インドネシアにおけるビットコインの成長は著しいと述べた。

「世界中の誰もインドネシアでビットコインが使われているとは思っていないでしょう。しかし、実際にはビットコインの地位は急成長しています。」

冒頭で述べたように、インドネシア中銀は昨年「ビットコインや他の仮想通貨はインドネシアでは通貨でも合法的な支払い手段でもない。ビットコインや他の仮想通貨については、人々に慎重な対応を求める(ソース:Reuter)」とし、人々に注意喚起を促している。

一方で、中銀は明示的にビットコインの利用を禁じているわけではなく、利用ポリシーも策定していないため、実質的にはビットコインの利用を認めている状況だ。インドネシアでは、昨年8月にコンビニエンスストアでビットコインを購入できるソリューションが展開され、現在10,000箇所の実店舗でビットコインが購入可能となっているなど、ビットコイン企業の次なる進出先として、多くのスタートアップが検討している「今、ビットコインが熱い国」のひとつであることは明らかだ。


参考記事:
WSJ blog – Indonesians Start to Embrace Bitcoin
Wikipedia – 各国におけるビットコインの法的な扱い

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36