LINEで送る
Pocket

株式会社アイリッジは、「mijin」や「Zaif」を運営するテックビューロ株式会社と事業提携し、プライベート・ブロックチェーンをバックエンドに用いた金融系スマホアプリの開発に取り組むことを明らかにした。

リリースによれば、アイリッジの位置連動型プッシュ通知によるO2Oソリューション「popinfo」と、テックビューロのプライベート・ブロックチェーン「mijin」の技術を融合し、より高い集客性と、アクセスの集中や機材障害によるダウンタイムゼロのバックエンドを兼ね揃えたアプリを構築可能とのこと。

スクリーンショット 2015-12-17 10.25.46

アイリッジの「popinfo」は、かねてからバンキングサービスとO2Oマーケティングの融合に取り組んでおり、既に金融機関への導入実績もある技術だ。テックビューロの「mijin」も、先日のリリースで報じられたように、金融機関向けの実証実験環境としてテスト稼働が開始している。昨今、フィンテックへの期待が大きく高まってきていることから、今後ますます金融機関や金融サービス・アプリケーションへの需要が増すことになるだろう。

テックビューロとアイリッジは今回の事業提携により、「mijin」と「popinfo」を組み合わせた効率的な「フィンテック関連アプリケーション」開発に取り組む予定だ。

「バンキングアプリにおける実証実験から、既存ポイントシステムのバックエン ド入れ替えによるコスト圧縮まで、ブロックチェーンを活用した効率の高いフィンテック関連アプ リ開発サービスをワンストップで提供いたします。」


株式会社アイリッジ – テックビューロ株式会社との事業提携に関するお知らせ
テックビューロ株式会社 – アイリッジとテックビューロの事業提携により、フィンテックとO2Oの融合が実現

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36