LINEで送る
Pocket

microsoft

マイクロソフトがビットコインの通貨フォーマット「=B」をサポート予定であることをOffice365のロードマップで示した。Office365加入ユーザー、およびExcel 2016で利用可能になる。

これにより、エクセル上でビットコインの数量データなどをビットコインとして管理・解析できるようになる。ロードマップにおけるビットコイン通貨フォーマットの状態は「In Development」、リリースされればOffice 365のほか、Windows、Excel Online、Excel Mobile for Windows、Excel Mobile for Androidで利用可能だ。

マイクロソフトは3月、マイクロソフトストアにおけるビットコイン決済の停止を行うというアナウンスを誤って配信したが、その後すぐに訂正された。マイクロソフトは2014年10月よりビットコイン決済の採用を開始しており、北米限定でオンラインコンテンツでの利用を認めている。

2015年11月には、ビットコインのシンボル「=B」がUnicodeに取り込まれ、将来的に標準規格として利用可能になることが期待されており、ビットコインの通貨フォーマットもそれに準じたものが採用される見込みだ。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

[ad-bb]

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36