LINEで送る
Pocket

microsoft-logo

先日、「マイクロソフトストアでのビットコインの取り扱いを停止」とするページをアップデートしコミュニティを騒がせたマイクロソフトだが、同社のサポートはこれを取り下げ、「ページの更新にあたって不正確な情報を掲載してしまったとし謝罪した。

つまり、米国のビットコインユーザーは今後もしばらくの間、マイクロソフトでビットコイン決済を利用できるということになる。同社の広報担当者はSoftpediaに対して次のような声明を発している。

「我々はビットコインのサポートを継続します。今後もマイクロソフトアカウント上においてビットコインを決済通貨として、Windowsストア、Xboxストアでのコンテンツの購入に利用することができます。現在は修正済みですが、サイト上での不注意なポストによる不正確な情報の提示をしてしまったことをお詫び申し上げます。」

一方で、マイクロソフトがどのようなプロセスを経て「Microsoft store doesn’t accept Bitcoin」とするタイトル、および「You can no longer redeem Bitcoin into your Microsoft account. Existing balances in your account will still be available for purchases from Microsoft Store, but can’t be refunded.」とする本文のページを作成したかに関しては依然として謎に包まれている。マイクロソフトの今後の対応や、ビットコイン、暗号通貨に対するスタンスは注視しておきたいところだろう。

同FAQのページは現在、削除されている。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36