LINEで送る
Pocket

昨年9月、マイク・タイソンがビットコイン企業Bitcoin Direct, LLCと組みビットコインATMをローンチしたことは記憶に新しいが、さらなる展開として、彼はマイク・タイソン印のビットコイン・ウォレットを公開した。

ベースとなるウォレットには、世界最大のビットコイン決済プロセッサBitPayのチームが開発したオープンソースのマルチシグネチャ・ウォレット「Copay」が用いられ、iOSとAndroidのデバイスからダウンロードできるようだ。

ご覧のとおり、Copayの側替えだ。

Copayの機能を踏襲しているため、米国の11州に限定されているものの、ユーザーは近い将来Glidera Exhcangeを仲介してビットコインの購入や売却もできるようになる。また、Copayが標準機能として備えるTouchID認証(iOSのみ)も使うことができる。Mike Tyson BitcoinとCopayの最も大きな違いは、オープンソースではないこと、背景のモチーフにマイク・タイソンの刺青が使われていることくらいだ。

はっきり言って、マイク・タイソンのビットコインウォレットを使う理由はない。オリジナルのCopayを使うべきだろう。

なお、マイク・タイソンのビットコインATMは、ラスベガスのザ リンク ホテル&カジノに併設されているレストラン「Off the strip」に設置されている。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36