LINEで送る
Pocket

Panopticon

暗号技術により、データのプライバシーが完全に保たれた分散型のクラウドコンピューティングプロトコル「Enigma」のベータ版リリースが間近に迫っていることをBitcoinMagazineが報じた。DropboxやAWS、Azure、あるいはGoogleやFacebookなどは中央管理型のクラウドサービスだが、Oz NathanとGuy Zyskind、Alex Pentlandによって開発が主導されているEnigmaは、完全に分散化したP2Pのクラウド技術である。

金融システムや医療システム、研究開発の領域において、ビジネスロジックや計算スクリプト、個人情報などの機密データのプライバシーは必要不可欠だ。そのため、一般的なクラウドサービスではデータを暗号化している一方で、一元管理されていることには変わりなく、情報が漏洩する可能性を捨てきれないという課題がある。

エニグマではこれを、ブロックチェーンから着想を得た方法により、生のデータではなく、暗号化し分割したデータを第三者に渡し、データの全体像を知らないまま計算させることができる。

「エニグマは、プライバシーが保証された分散型コンピューティングプラットフォームだ。我々のゴールは、信頼できる第三者を必要とせず、機密性が組み込まれたエンド・トゥ・エンドの分散アプリケーションを開発できるようにすることである。」

難しいことは抜きにして、エニグマの最大の利点とは、データの秘密を保ったまま誰かにデータの解析を依頼できるということだ。解析の速度やコストは数値計算に特化したサーバーに劣るかもしれないが、Zyskind氏によればノードの数と計算処理速度の関係は「線形」とのことなので、コストを度外視すれば膨大な計算処理も充分に可能だ。回帰分析やマシンラーニングは、彼らが一番はじめにテストした機能だという。

テクニカルな面では、エニグマは秘密分散法を元に、セキュア・マルチパーティ・コンピューティングを最適化したプロトコルを採用することで、完全準同型暗号に近づけている。従来の準同型暗号のスキームでは暗号計算に膨大な鍵が必要になり、クラウドコンピューティングの利便性からはかけ離れた遅さだったが、計算ノードが独自の鍵を持たずに計算できるようになったことでZyskind氏は「爆速を実現できた」と強調している。

7月の公開以来、多くの人々に待ち望まれた「Enigma」だが、いよいよベータリリースが行われるようだ。いち速く情報を得たい方は、エニグマのオフィシャルサイトを参照されたい。

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36