LINEで送る
Pocket

joi-ito-mitmedialab_banner
一昨日、伊藤穰一氏がビットコインのコアディベロップメントについて技術中立的な場をMITに設ける主旨の構想を練っていることを明らかにしたが、本日、正式にMITメディアラボのビットコイン構想(Digital Currency Initiative : DCI)が発表された。

関連:MITメディアラボ伊藤穰一氏が掲げるビットコインの未来 ~ MITをコア開発の中枢に ~

ブライアン・フォード氏 -MITのデジタル通貨責任者- は、「ビットコインの技術は今後10年の間で人々の生活に劇的な変化を与えるだろう」と前置きし、革新技術の重要な初期段階における研究開発環境の整備、および現在のコアディベロップメントの重要課題の解決のためにMITが重要な役割を果たすと述べた。

空前の一大プロジェクト

MITメディアラボの構想は非常に大きなスケールで行われる。MITはビットコインの研究開発に加わる専門家ら -暗号学、経済学、プライバシー、分散技術など- を集結し、世界を巻き込んだ一大プロジェクトにしようと考えている。所長である伊藤穰一氏は、本構想のためにコンピュータ科学・人工知能研究所(MIT CSAIL)に所属する、システムとセキュリティの専門家ニコライ・ゼルドビッチ氏、および暗号技術の専門家ロン・リベスト氏と盤石な協力体制を敷いた。

さらに元国際通貨基金チーフエコノミストのサイモン・ジョンソン氏、およびMITビットコインクラブ、MITビットコインプロジェクトなど、学生主導のプロジェクトメンバーが密接に関わる。また、MITビットコインクラブ会長であるジョナサン・ハーヴェイ氏は、学生の身でありながらMITビットコインエキスポを開催し、300人以上を動員しており、構想の中核のポジションとして活動していく見込みだ。この構想は、MIT全体、そして世界中の叡智を集結させて推進する一大プロジェクトとなるだろう。

また、MITのデジタル通貨責任者に就任したフォード氏は、ホワイトハウスにおいて携帯端末とデータの革新のシニアアドバイザーを務めていた経歴を持つ人物であり、MIT CSAILとDCIをリードする役割を担っていく。

MITの使命

フォード氏は、MITの構想の目的として次の三点を掲げている。

  • デジタル通貨上の経済、個人情報保護、拡張性、安定性、セキュリティに関する課題に対処するため多くの生徒を巻き込み、研究を実施
  • 社会的に高度なインパクトを与えうるコンセプトの試験と研究に政府、非営利団体、民間企業を招集
  • 既存、および将来の指針と標準化をサポートするための事実に基いた研究の提供

ベンチャーキャピタリストによるビットコインへの投資額は7億ドル弱(675M$)にまで急激に膨れ上がっている。MITメディアラボ所長である伊藤穰一氏は、以前のブログにおいてこのような動きの非常に早い状況は、失敗した時のリスクや様相がビットコインの技術の致命打となる可能性があるとし、コア開発の成功のための「何か」が必要であることを述べている。

今回の構想自体も、伊藤穰一氏がこれまで見てきたインターネットの成り立ちを鑑みればごく当然の結果であると言える。ビットコインは通貨も開発も規制対応もすべて分散的に、市場先行型のコンセンサスを得ていたように思う。ビットコインファンデーションの不祥事や、その周辺のプロジェクトが抱えていた問題というのも、技術集約が困難な状況を生みやすく、また、個々のインセンティブを置く領域の過渡な一致があったことも原因だ。だから、ビットコインを技術中立的なアカデミクスの場へと昇華させるため、技術の根幹的なイノベーションを侵害せず、過渡な規制を招かないよう権威ある学術機関が主導していくことは極めて妥当な判断なのではないだろうか。重要なのは、ビットコインの基盤技術ブロックチェインを守り、金融、契約、保険などあらゆる領域のインフラ、そして発行主体のない唯一の通貨として安定した価値を世の中へと提供していくことなのだ。

伊藤穰一氏とブライアン・フォード氏は、本構想(DCI)のためのアイデアを公募している。IRCやEメールでコンタクトを取ることが可能なので、興味がある方は MITのプロジェクトに間接的にでも参加することをお勧めしたい。DCIは、ビットコインの今後にとって非常に重要な節目である可能性が極めて高い。

以前のブログポストMITビットコインエキスポで言ったように、私は基準や指針を調整する機能が本当に必要だと思っています。私は、この取り組みは多国籍かつ多数の利害関係者によって行われなければならないと考えています。ハーバード大学Berkman Centerおよびスタンフォード大学The Center for Internet and Society(CIS)との継続的な議論は、この問題のより広範な対話に貢献できることを、私は願っています。” – Joi Ito


参考:
Joi Ito Web – Announcing the MIT Media Lab Digital Currency Initiative
MIT media lab Brian Forde – Launching a Digital Currency Initiative

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36