LINEで送る
Pocket

anonymous

Monero(XMR)の取引量が8月22日から急増すると共に価格も急騰を見せ、仮想通貨のマーケットを席巻している。XMRは23日に最高値(0.0092BTC)を付け、現在までに60%以上の値上がりをしたことになる。

Moneroの取引はビットコインと同じくブロックチェーンを用いた分散型のネットワークを介して行われるが、取引がブロックチェーンに記録される一方で、ビットコインとは異なりその履歴を他人が盗み見ることはできない。またリング署名と呼ばれる暗号化技術を採用しており、取引のトラッキングが極めて難しい暗号通貨だ。そのため非常に守秘性が高い。

その守秘性の高さゆえに、ダークマーケットを通じた違法取引に使われるのではないかとの懸念も多い。その証拠に、現存する世界最大級のオンライン・ダークマーケットであり、違法なドラッグや個人情報の売り買いが行なわれているAlphaBayが「9月1日より、決済通貨としてMoneroを採用する」とRedditで発表した後価格が上昇した。AlphsBayは続けて、「Moneroは高騰するだろう。買うなら今だ」とのコメントも残している。

元ビットコイン・ファンデーションのピーター・ベセンス氏はMoneroのセキュリティシステムに以下のように言及している。

「Moneroはその守秘性の高さから、犯罪者の不正取引やプライバシーをも守ってしまう。しかしMoneroの流通量は未だ小さく、ドラッグディーラーが扱うような大きな金額が動けば何かしらの痕跡を残す。このことが抑止力になるはずだ。」

しかしMoneroの取引量が大きく上昇するようなことになるとベセンス氏の仮説は否定されることになる。匿名性の高い暗号通貨は、少数ながらも一定の需要があることは確かだ。AlphaBayのようなダークマーケットが採用すれば、自ずと取引量は増えることになるだろう。実際にMoneroの時価総額は週始めに比べて、2倍の60,000,000ドルにまで上昇している。

Moneroは取引履歴の証明が難しことから電子マネーや金融商品として合法的に扱われることは難しいだろう。Moneroは元々政府に関与されることのない通貨を目指し作られ、その結果守秘性が高い特徴をもつ。しかしこの反政府的な思想には、現在政府が権力を持ちすぎていることへの危機感から生まれた結果でもある。

2013年にアメリカ国家安全保障局(NSA)に所属をしていたエドワード・スノーデンの内部リークによって、国家レベルでのプライバシー侵害があったことが判明している。2001年のテロ以降アメリカはテロ分子の早期発見のため世界中にスノーデンの様なスパイを送り込み、また電波を違法に傍受し人々の生活を盗み見ていた。スノーデンの告発の中には、アメリカは自国の不利益になり得る情報の遮断なども行い、情報操作も行なっていたと記されている。告発の結果スノーデンは国家機密を不正にリークしたとして国を追われ、ロシアに亡命した。

ビットコインは少しずつではあるが合法化の動きがあり、着実に進んでいる。Moneroはその逆の無政府通貨の道を辿っている。この2つの異なる仮想通貨が進む先にはどのような未来があるのだろうか。


VICE

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする