LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2015-06-26 14.48.24.png

米ナスダックは、今期末に予定しているブロックチェーンベースの証券管理システム構築のため、サンフランシスコに本拠を置くビットコインAPIを提供するChain.comとパートナーシップを締結したことを明らかにした。

ナスダックが現在構築しようとしているのは、未公開株式市場向けの分散型取引プラットフォームだ。同社は、ユーザーが資産を独自管理し、ナスダックが提供するトレードプラットフォーム上で簡単に、フィアットあるいはビットコイン、デジタルトークンのペアによる交換をインスタントに行えるような仕組みを目指している。

Chainはナスダックのオープン資産プロトコルの構築において、ブロックチェーンへアクセスするための簡易APIを提供することに合意し、分散型未公開株市場のインフラや取引システムの簡素化に貢献していく。Chainのアダム・ルドウィンCEOは声明で次のように語った。

「現時点では、アプリケーションを構築していようとも、ミスを無くすために大量のコストが掛かっている。それは、証券システム周辺のあらゆる検証、資産記録や転送などを、間違いがないか確かめるために人の手が必要になるからだ。」

ブロックチェーンによって実現された分散型の元帳システムは、伝統的な元帳とは異なり世界中のネットワークによって監視され、例えば100万人のうち51万人以上が「正しい」と判別したトランザクションが連鎖的に、不可逆な形で繋がっている。ルドウィン氏は、ビットコインのインフラであるこの仕組みに、非常に大きな利点を見出しているようだ。

更にルドウィン氏は、ブロックチェーン技術のもうひとつの利点についても言及した。

「記録が正しいかを確かめるために、自分さえも信頼する必要がないというのは非常に大きな利点だ。殆どの企業は、永続的にに存続させたいと考えていると私は思う。記録保持のメカニズムを持つ、この永久不滅の公共元帳がどこにも実在しないことをあなたは知っているはずだ。要するに、あなたはずっと昔の記録ですらも、容易にトレースバックできるということだ。」

また、ナスダックは今年3月にビットコインのトレードプラットフォーム構築を目指すノーブルマーケットと提携、同社の「X-STREAM TRADING」の技術提供を行っている。

ナスダックOMXグループのCEOであるボブ・グレイフィールド氏は「潜在的に多大な影響力を持ったこの新しい試みは、トランザクションに革命を起こす」とし、ルドウィン氏に呼応するようにして次のように語った。

「ブロックチェーン技術は為替への応用のみならず、今後常に再定義され続けることだろう。しかし、それでも世界の金融経済全体として、ナスダックがこの領域を真っ先に開拓してやるという気持ちで臨んでいる。」


Forbes – Nasdaq Selects Bitcoin Startup Chain To Run Pilot In Private Market Arm

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36