LINEで送る
Pocket

スクリーンショット 2016-01-12 18.13.48

1月6日から7日にかけて行われたカンファレンスの場において、NetflixのCFOであるデイビット・ウェルズ氏は、決済のテーマとしてビットコインを取り上げた。

動画ストリーミングサービスを展開するNetflixは、新たに130カ国以上にサービスを拡大し、いまや世界190カ国に展開するモンスター級のサービスだ。2007年にカナダからスタートし、その後、中南米、ヨーロッパ、オーストラリア、日本などこれまで60カ国にサービスを提供している。

その中で、ウェルズ氏は中南米へ展開した際の「教訓」とも言うべき決済の問題に直面したという。Netflixはクレジットカード、ペイパル、デビットカードなどを決済手段として採用しているが、一部の国ではデビットカードは使えず、またクレジットカードを所有していない人々が多かったという。

インターネット決済という点で、ユーザー目線では現状クレジットカードを超える決済手段は存在していない。しかし、それは先進国の中でだけの話だ。GDPで急激な成長をしているインドですら、クレジットカードの普及率はほんの2%ほどであるためだ。

NetflixのCFOであるウェルズ氏によれば、「決済は世界的に見ても発展途上にある」とのことで、ビットコインがこの一部を解決できる可能性があると話した。

「支払いはグローバル化しているにも関わらず、我々は未だに中央銀行を利用し、支払いの進化という観点で、我々は10年から15年後を見据えている。そして、国々はいまだに金融政策でなんとかできると考えているようだ。だが、ビットコインを持てばいい。これはまさしくグローバルの決済通貨である。」

ウェルズ氏は、Netflixとビットコインの関係に言及したわけではなかったが、決済インフラ後進国にとっての、インフラが不要なグローバルマネーとしてのビットコインの多大な価値を見出していることは明らかだ。この声明の内容からすれば、2016年内に彼らがビットコインを採用したとしても全くおかしくないだろう。

Does Netflix have bitcoin currency on global roadmap?

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36