LINEで送る
Pocket

t0

FIAが主催するBoca 2016において、オーバーストック社はブロックチェーン技術を利用した世界初の株式公開を実施する計画を明らかにした。投資家は同社の「TØ.com」、あるいはATSを通じ、従来と同じようなプロセスでオーバーストックの株式を購入することができる。取引や決済はTØを介して行われ、権利の移転はブロックチェーンに刻み込まれる。

「TØ」はT+0を意味する金融用語で、取引から受渡しまで3日(T+3)を必要とする証券業界の常識を破壊しようと試みるプロジェクト。ブロックチェーン上に電子的な債権、あるいは株式を発行し、暗号トークン化することで資産の流動化を計っている。

「これは、もうひとつの歴史的なイベント — 安全な分散型台帳の上で、取引と決済が行われる時代の創世 — である。」オーバーストック社のパトリック・バーン氏は声明の中で語る。「ブロックチェーンの技術は金融業界を永遠に変えうる。しかしこれは始まったばかりだ。我々はそれを牽引していきたい。」

オーバーストックは、本株式公開に際してブロックチェーンを用いて全2529万株のうち100万株を発行する。これは取引において流動性が保たれるであろう最低限の発行数とのことで、これらはTØを介して取引可能になる見込み。同社は、本プロジェクトに関して「資金調達を目的としたものではなく、技術の正当性を証明するためのプロジェクトである」とコメントを残している。


Press Release

  • ビットコインニュースを毎日お届け!

  • BTCN公式アカウントをフォロー

    follow us in feedly
シェアする

この記事を書いた人

ざきやま(山崎大輔)
ざきやま(山崎大輔)from Cryptocurrency world
ビットコイン専門記者 BTCN編集長
ブロックチェインの可能性を、知的財産の保護やゲーミングカルチャーへ応用できないかと考えてます。
monacoin:MTn7hiNovBHyN7gjtvD1Hh7W96Zmghp41B
bitcoin:1NK8S4ep9ZUZ9H9AmTAfvrCVVAKLbpmi36